暴落、来ましたね

 id:katsu0118  
ご返信頂きありがとうございます。 なるほどの見解ですね。感服致します。 少しずつ買って行こうかなとも思いますがショーシャンクさんが言われる様に見通しが上向きではない事も危惧されます。 ショーシャンクさんは投資判断として買値から何%下落したら損切りされますか? 材料待ちの段階で大幅な下落が来た際はどの様な判断基準で動かれるのでしょうか? お暇な時にでもご返信いただければ幸いです。

 

katsu0118さん、暴落、来ましたね。

23日の祝日に、『現金化して暴落待ち』と書きました。その時は、日経平均29774円でしたが、それから3営業日で、28751円と1000円も下がりました。昨夜のニューヨークダウは905ドルの暴落でした。来週月曜日の日経平均はかなり下がることが予想されます。

今回の暴落の原因は、南アフリカのコロナ変異種ですね。

さて、これにどう対処するか、です。

今までの暴落ですと、『暴落はチャンス』として、オーバーシュートした銘柄を買い集めていました。

今回は、迷っています。

原因が、アフリカのコロナ変異種だからです。

私の別のブログ『人生についてのひとりごと』で、コロナ発生時から『アフリカで発生する変異種はとにかく気をつけるべき』と何度か書いていますように、変異種はアフリカ由来が最も危険だと思っています。

香港で見つかった南アフリカ由来の変異種では空気感染しているようです。

世界が、どこまで、この変異種を防御できるか、これを見ないとなかなか買いに走れないですね。

直感的に、アフリカ由来と言うことで、今までにないやばい変異だろうと私は勝手に判断しています。南アフリカエイズで死ぬ人が多い国です。エイズとコロナの類似性も指摘されてきましたから、今回は最大限の警戒をするべき事態のような気がします。

ただ、いまは、パニック状態で、しかも売り仕掛けも交差しているので、少し落ち着けばいったん回復するシナリオがメインシナリオかとは思っています。

12月は例年通り株式市場はがんがん上げて、年明けの1月2月から大暴落が始まるシナリオが可能性としては大きいかもしれません。

ただ、来週の前半ですぐ回復するにせよ、この4か月以内には大暴落が来ると思っていますし、それがいつ来るのか、今回のことがきっかけでそのまま大暴落に発展するのかがわかりません。

ですから、いままでの暴落時のように、安くなった銘柄を買いまくっていくことはなかなかしづらいですね。

質問にお答えしますと、2,3年前までといまは投資スタイルが全く違います。

前は、1銘柄集中投資でした。損切は一切せず、安くなったら喜んで買い増ししていました。買い下がりの売り上がりが基本スタイルでした。

いまもそのようなところはありますが、損切もするようになりました。

為替のようにあらかじめ〇%下で逆指値とか決めることはなく、思っていた流れと違うニュースが出たとか、そういうことで損切りすることがあります。

 

もうすぐ12月ですが

 id:katsu0118  
はじめまして。 いつも情報分析が凄いなぁと感心しながら楽しく拝読させて頂いております。 少し前にアサカ理研の事をお話しされてたと思います。 前回の決算後に大幅安を付けていますが買い時かなと思ってます。 現在、自動車メーカー、電池メーカーを含む、大きなグループの形成に向けて交渉を継続して行っているとの事ですが、このグループ契約の締結がIRされた時は跳ね上がる予感しかないのですが、あなた様の見解など教えて頂いと思い投稿させて頂きました。

 

 

はじめまして。コメントありがとうございます。

アサカ理研ですね。

アサカ理研でコメントしたのは、9月11日に『安くなってくれたら、買い戻せるのにと言う感じです。』、10月4日に『岸田さんは、どうも株式市場からはあまり評価されていないようですし、岸田さんの政策を見てもアサカ理研や山王がいますぐ上がるような政策を打ち出してはいないので、本格的に上がるのにはもう少し時間がかかるような気がします。』と書いていますね。

まだ、アサカ理研は買い戻していません。

今見ると、1265円でかなり安くなっていますね。確かに、買ってもいい水準かもしれませんね。

また、毎年12月は株価は騰がる傾向にあります。

しかしながら、なにか今年はこれから日経平均が上がるという確信が持てないもやもやがあります。

アメリカはパウエルが続投となりましたし、消費者物価指数も10月さらに上がっていますから、利上げは前倒しで大きくなる可能性が出てきました。

日本では、岸田首相が、株式の利益への税率引き上げに熱意を持っていますね。

欧州では、コロナがまたまた拡大しています。

中国では恒大の破綻危機が続いていますし、米中の関係悪化や、欧米の北京オリンピックボイコットの気運も出てきています。

いつもの年末と違い、今年は、株式に関しては様子見にしていこうと思っています。

仮に12月が上がっても年明けから下がる可能性がありますので、いまは暴落待ちとして、徐々に現金化していくつもりです。

もやもやするときは、株式市場全体が一度がんと暴落しないと、なかなか安心して投資できません。

今度、株式市場の暴落があったときは、アサカ理研は積極的に買いたい銘柄です。

                 (2021年11月23日18時48分)

 

 

 

ヤマシンフィルタの第2四半期決算

ヤマシン―Fが22年3月期営業利益予想を上方修正

ヤマシンフィルタ<6240>がこの日の取引終了後、22年3月期の連結業績予想について、売上高を166億円から184億円(前期比26.1%増)へ、営業利益を15億円から17億円(前期1億4500万円の赤字)へ上方修正した。

主要得意先各社の生産活動の回復に伴う新車需要の急激な回復や稼働時間の増加により、上期の建機用フィルタが大幅な増収増益となったことに加えて、第3四半期以降の需要も引き続き高い水準で推移すると見込まれることが要因としている。なお、マスク生産設備のうち生産性が低く収益性の低下が認められた固定資産について減損損失を計上することから、最終利益は9億6000万円から7億5000万円(前期比0.1%減)へ下方修正した。

同時に発表した第2四半期累計(4~9月)決算は、売上高95億5600万円(前年同期比45.6%増)、営業利益8億8700万円(前年同期5000万円の赤字)、最終利益3億2800万円(同1億5200万円の赤字)だった。

出所:MINKABU PRESS

※※※※※※

 

ヤマシンフィルタが第2四半期決算を発表しました。

マスク事業で減損処理がありましたね。

そのため、いまは、PTSは33円安の683円になっています。

しかし、メイン事業の建機フィルター部門は絶好調です。

前期と比べて大幅高なのは当然ですが、第1四半期と比べても、急激に伸びているのが分かります。

建機フィルター部門の売上は、第1四半期が3752百万円に対し、第2四半期が4105百万円となっています。

建機フィルター部門の営業利益は、第1四半期が799百万円に対し、第2四半期が1052百万円となっています。

会社全体の営業利益は、第1四半期が341百万円に対し、第2四半期が546百万円となっています。

この伸びと、さらに為替が円安になっていることを考えると、最終的に通期は超絶になると考えています。

                   (11月4日18時54分)

小型水素ステーション関連

今日は、全体的に、株価高いですね。

神島化学がもう3000円にのせてきました。早いですね。

助川電気も上がっています。積水化学も2000円が見えてきました。

ヤマシンフィルタは700円大台に乗せてきましたので、ここで値を固めてから、800円に行ってほしいですね。

大紀アルミも今日は高いです。

今日は新しく、三菱化工機と加地テックを買いました。どちらも水素関連です。

山王、三菱化工、加地テックはどれも水素関連で、長らく低迷していました。

しかし、前月末に小型水素ステーションの記事が出ていましたね。

 

【独自】小型の水素ステーション整備、政府の補助金対象に…都市部でも設置しやすく

 政府は、水素で走る燃料電池車(FCV)の普及に向け、小型の水素ステーションの整備に乗り出す。既存のステーションは整備に多額の費用がかかり、補助金制度はあっても事業者が二の足を踏みがちだった。脱炭素の機運が高まるなか、燃えても二酸化炭素(CO2)を排出しない水素の活用につなげたい考えだ。

普及が期待される小型の水素ステーション。海外では実用化されている(PDCマシンズ提供)
普及が期待される小型の水素ステーション。海外では実用化されている(PDCマシンズ提供)

 水素ステーションは建設中を含めて、全国に169か所ある。現在、主流のステーションは工場で作った水素を運び込み、1時間で5~6台に 充填じゅうてん できるタイプで、整備費は約4億円かかる。補助金を使っても事業者は約1億5000万円が必要になる。

 一部には1時間で3~4台に充填できる一回り小さいステーションもあるが、補助金を使っても事業者にはほぼ同額の負担が生じる。

 全国的にステーションの普及が足踏みするなか、特にFCVの利用台数が少ない地方では、高額な初期費用の回収や利益の確保が難しく、整備が進んでいない。ステーションは東京都に23か所、愛知県に37か所など都市部に多く、東北地方で7か所、四国地方では2か所にとどまる。

 このため政府は、来年度をめどに、新たな補助金の対象に1時間の充填能力が1~2台のステーションを加える。このサイズでは大量の水素は必要ないため、運び込むのではなく、設置場所で水を電気分解して製造することを想定している。1か所あたりの整備費は約1億5000万円かかるが、補助金を使えば約5000万円で済む。

 初期費用が下がるため、政府は自治体が公用車としてFCVを試験的に導入するケースで使いやすいとみている。また、広い敷地は必要なく、用地の確保が難しい都市部でも設置が進みやすくなると期待する。

 政府は30年までに水素ステーションを1000基に増やす目標を掲げる。FCVの台数も現状の約4000台から、30年に80万台まで増やす方針だ。小型タイプへの補助金新設と合わせて、既存のステーションの増強にも補助金を出す方針で、今後、具体的な条件などを詰める。

  ◆水素ステーション= 専用の装置で圧縮し、高圧状態にした水素を、ガソリン車のようにノズルを使って車両に吹き込む。FCVは1台あたり約3分で満タンになるが、水素を 充填じゅうてん できる状態にするには時間がかかるため、現在主流のタイプは1時間の充填能力が5~6台となっている。

※※※※※

 

この記事からすると、今までのような水素ステーションではなく、各ステーションに水素製造装置を設置するようです。

この本命は三菱化工ですので、加地テックとともに買いました。

               (11月4日午前10時30分)

 

 

今日買った、三菱化工機と加地テック、ともに、ほぼ高値引けでした。

三菱化工機は、88円高の2601円、加地テックは125円高の4825円でした。

山王とともに、これからもう1年近く休んでいた水素関連がまた上昇していくことを期待します。

積水化学も80円高の2005円と2000円大台に乗せて終わりました。

 

三菱化工機は、10月29日に、上方修正しています。

今期の予想1株利益を204円から230円へと上振れです。

これを基にしたPERは11倍少しですので、割安水準です。

これに、小型水素ステーション補助金が大きな材料となります。

この補助金政策により、1億5千万円かかる小型水素ステーションが5000万円でできるのですから、一気に拡大すると思われます。

この小型水素ステーションでは今までの大型水素ステーションと違い必ず水素製造装置を取り付けますから、小型の水素製造装置を新開発している三菱化工機に強烈な追い風となります。

また、液化天然ガス関連としても技術力が優れています。

三菱化工機の上場来高値は6630円です。それを目指していってほしいものです。

               (2021年11月4日15時40分)

2021年11月1日(月)

昨日の衆議院選の結果を受けて、今日は日経平均凄いことになっていますね。

いまで、682円高の大暴騰です。

リスクヘッジしていたインバースの損失が痛いですね。

持ち株では、神島化学が3000円超えてきました。助川電気も堅調です。

ヤマシンフィルタも700円超えてきましたね。

積水化学も上げています。

大紀アルミと東京製鐵は、高かったのですが、いまは小幅に下がっています。

これからどうなりますか。

インバースは3分の1だけ残しておきます。

               (11月1日午前11時26分)

 

 

今日は、日経平均754円高の29647円で引けました。

大暴騰です。

自民が261議席でしたから、朝日新聞の予想が当たっていたことになります。

持ち株も山王以外は全部上げています。

大紀アルミや東京製鐵も上げて終わりました。

助川や神島、ヤマシン、積水化学も非常に堅調です。

ヤマシンフィルタは、そろそろバイデンのインフラ法案が大幅妥協額で合意できそうですので期待していますし、自民党が勝ったので、助川や神島はかなり伸びる感じがします。

それに、為替の方も、ドル円が113円半ばのときにかなり買ったので、いま114円20銭くらいでそこそこ含み益になり始めています。

                     (11月1日16時)

 

衆議院選をどう見るか

あさって衆議院選挙ですので、それまで今日しか営業日がありません。

私は、自民党単独過半数ぎりぎりと前から思っていますが、朝日新聞は圧勝の予想で、読売などは単独過半数が微妙のような報道です。

本来なら、今日、すべての銘柄を売って、現金100%にしておけばいいのでしょうけど、自民党単独過半数行けば、来週もそこそこ上がっていくでしょうから、銘柄は置いておいて、インバースでリスク調整します。

いまはかなり、インバースを持っていますので、一応危険の認識です。

もし、朝日新聞の予想のように、自民党圧勝であれば、助川電気や神島化学は上がるでしょう。甘利幹事長も小型モジュール炉などについて言及していますから。

しかし、岸田ー甘利の選挙の弱さを考えると、やはりインバースを多く持つ方向でリスクヘッジしておきます。

                   (10月29日午前11時50分)

 

コマツの決算が非常に良かったですね。

それであれば、ヤマシンフィルタはもっと買われてもいいはずですが。

いまは、13円高の678円ですが、そろそろ700円大台乗せしてもいいとは思います。

                (10月29日午後12時52分)

 

マグネシウムが枯渇

 id:okomechan7  
ショーシャンクさん、こんにちは。 okomechan7と申します。ブログいつも読ませていただいております。 先日、大紀アルミを19※※円で購入しまして(イナゴして高値掴みしてしまいました涙)…損切りしようか悩んでいましたが、ブログを読ませていただき、アルミニウム価格が上がる可能性を願ってホールドすることにしました。 そして、東京製鐵の決算すごいですね。 わたしは決算跨ぎに躊躇してやめてしまいました…ショーシャンクさんは、この決算跨ぎの上昇をよんでいらっしゃったのですね〜! ショーシャンクさんの銘柄選定すごいなぁと思います。これだけ企業があって情報もたくさんありますのに。わたしも勝つための可能性を高めたいですがなかなか…購入するタイミングも下手っぴです(^^;)ただ、日経新聞をきちんと読むようになって、世界の情報がつながっていくのが面白いです!この前までガソリン値段上がるから入れなきゃなぁ…程度でしたのに。 投資をする上で日々続けていらっしゃることってありますか?もしよろしければ教えてください!
 
 
 

okomechanさん、こんにちは。

数年前に目標を達成しましたので、何か自分の中で明確なテーマが見つからない間は株から離れたりできてますし、前のように全財産を賭けているわけではないので、かなり調査は怠っています。

前は、日経新聞の隅から隅まで読んで、ほんの小さな記事から銘柄を発掘することも多かったですが、いまは、かなり読み飛ばしています。

ただ、それでも、世界がどう動いて行っているのか、という流れを把握するのには役立っていると思っています。

テレビは一切見ません。もし、テレビのワイドショーなどで取り上げられる『世界の情勢』を見てそれから判断するとかなり遅いことが多いです。

テレビでビットコインが取り上げられると暴落が近いように。

あとは、株をされるのであれば、為替もした方がいいです。

FXは、多分90%以上の人が負けるので、大金をかけてはなりませんが、失っても支障がないくらいのお小遣い程度でされるのはいいことです。

少しでもお金を賭けると、世界情勢がとても身近になります。

株だけでは、米雇用統計など見もしませんが、為替では非常に重要になりますし、世界経済の趨勢を見ることにもなります。

世界の流れ、社会の流れ、経済の流れを肌で感じる訓練をすることは重要ですし、本当に自分の頭で株や為替をしていると自然に身につきます。

ところが、それをしない人が多すぎるのです。

誰かよく当たる人の買った銘柄を自分では考えもせず真似して買う人がいかに多いか、です。

それをしていると、絶対に成長しません。

他人の買った株を買えば儲かるのであれば、誰も苦労はしません。

まずは、他人の判断など全く無視して、流れを自分自身で感じる習慣を身につけると、かなり成功の確率が上がるでしょう。

そして、個別銘柄は四季報でかなりのことがわかります。

成功をお祈りしています。

 

大紀アルミに関しては、私の勝手な予想としては、この冬ラニーニャ現象により北半球は厳寒になると考えています。そうなると、電力不足の中国は、凍死する人が出ないように、電力を膨大に消費する工場をかなりの部分停止していくのではないかと思います。電力を最も消費するのはアルミ工場です。アルミは固形の電力という冗談もあります。ただ、日本でも電力料金が上がっていくと予想されますので、一次より二次の方が圧倒的に有利になります。

ただ、非常に困った課題があります。

それは、マグネシウムが不足していると言うことです。

マグネシウムがなければ、二次合金ができません。

マグネシウムはこれも中国の電力不足により、日本に入ってこなくなりました。

ですから、マグネシウム関連も買っていっています。

                 (10月27日午前9時50分)

 

 

 id:okomechan7  
ショーシャンクさん、こんばんは。 okomechan7です。お返事頂戴しましてありがとうございます! 為替は全く見たことありませんので、少し挑戦してみたいと思います。 マグネシウムもほぼ中国から輸入なんですね…中国の政策で世界ががらりと変わってしまいますね( ; ; )

 

okomechanさん、こんにちは。

今日は日経平均、下がっていますね。

下落はチャンスなので、前に買っていた助川電気工業を買いました。

あのときは高市銘柄として買っていましたが、今回は、核融合発電の将来性もそうですが、世界で電力不足、エネルギー危機が叫ばれているので、原発に関しては前向きになってくるとの判断です。

マグネシウム関連では、まず思い浮かべるのは、神島化学ですので、買っています。

あと、今日は暴落していますが、日鉄鉱業マグネシウムと関連するのではないかと調査中です。

 

株で勝つには、試行錯誤しながら、自分の投資スタイルを確立することが最も大事です。

私も、誰かが買った銘柄を買うことは止めて、独自に自分の価値判断だけで銘柄を選び出してから勝てるようになりました。

がんばってください。

                 (10月28日午前10時30分)