レアメタル争奪戦に

レアメタル争奪戦に

リチウムイオン電池材料

自動車各社が電気自動車(EV)に力を入れる中、供給網の中で重要性が高まるのが基幹部品となるリチウムイオン電池だ。

中国の車載電池の最大手、寧徳時代新能源科技(CATL)は2020年12月に最大390億元(約6200億円)を投じ、中国内の3カ所で生産拠点を新設または増設する計画を発表。21年内には同社として初の海外工場をドイツで稼働し、欧州自動車メーカーへ電池を供給する予定だ。

韓国LG化学も米国でゼネラル・モーターズGM)との合弁工場の建設を進めるほか、既存のポーランドの工場でも22年までに生産能力を拡大する。

調査会社テクノ・システム・リサーチによると20年の車載向け電池出荷量のシェアは7割以上を中韓勢が占める。ホンダが20年にCATLに約1%を出資し資本提携するなど、安定調達に向けた関係強化を模索する自動車メーカーは少なくない。

電池の生産増に伴い、電極部品として不可欠なレアメタルの争奪戦も激しくなる。テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は20年9月の投資家向け説明会で、リチウムを含む粘土鉱床約40平方キロメートル分の権益を米ネバダ州で確保したと明らかにした。リチウムの採掘から抽出、輸送までテスラが一貫して関与することで資源の安定確保につなげる。トヨタ自動車グループでも豊田通商がオーストラリアのリチウム資源開発会社と組み、アルゼンチンでリチウムを生産している。

電池素材のうち、生産地がアフリカのコンゴ民主共和国に偏り価格が高騰しているコバルトなどは使用量を減らす動きも広がっている。技術革新と併せていかに安定したサプライチェーンを構築していくかが課題となる。

                                                                日本経済新聞1月29日朝刊)

カリナン原石の条件

 id:mariy22  
ショーシャンクさん こんにちは お疲れ様です。
アサカ理研 以前ショーシャンクさんが教えてくだっさた大化け銘柄に 当てはまりますね。
1、時価総額が200億以下
2、国策である
3、大テーマの中核
4、オンリーワンの技術
5、業績が飛躍的に伸びる可能性が高い
ノートの一面に大きくメモしてます。 益々楽しみです。
山王もBIGサプライズが近いような気がしてます。

 

 

まりさん、こんにちは。

そうですね。

カリナン原石の条件は、

1,時価総額が小さいこと(できれば200億円以下)

2,国策であること

3,大テーマの中核であること

4,オンリーワン技術を持っていること

5,業績が飛躍的に伸びる可能性が高いこと

 

この5つです。

私がカリナン原石の指定をしてこの5つに当てはまらなかったのは、そーせいの時価総額400億円くらいだったと思います。

 

この5つの中で私が最も重要視しているのが、オンリーワン技術です。

オンリーワンは株価がどこまでも伸びます。

アサカ理研も山王もまさしくオンリーワン技術を持っており、カリナン原石です。

 

ダブルインバースを勝っていることもありますが、私はもっともっと市場が下落した方がいいと思っています。

下落したときの方がカリナン原石は強く光ってくるからです。

そーせいのときもそうでした。市場が大暴落していたときに、そーせいだけ別世界のように大暴騰を続けました。

                 (1月28日15時26分)

1月28日(木)

今日は、日経平均428円安です。

昨夜のダウが、大幅安だったため、日経平均も一時500円を超える下げとなりました。

嫌な予感がして、昨日の前場に買っておいた1357ダブルインバースが活きてきました。

1357があったおかげで、今日は寄り付きから、昨日言っておいた水素関連を強気で買うことができました。

三菱化工機と加地テックです。

三菱化工機は3140円で寄り付き、加地テックは5950円で寄りつきました。

 

持ち株のアサカ理研は、昨日2分割しましたので、昨日の終値3780円は、1890円となります。

いま、164円高の2054円と大幅高となっています。

山王も、1692円と2%程度の下げまで戻っています。

 

アサカ理研が上がっているのは、リチウム電池のリチウム回収についての特許が今日公開されたからのようです。

 ⬇⬇⬇

19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】特開2021-8662(P2021-8662A)
(43)【公開日】2021年1月28日
(54)【発明の名称】リチウムイオン電池からのリチウムの回収方法
(51)【国際特許分類】
C22B 26/12 20060101AFI20201225BHJP
H01M 10/54 20060101ALI20201225BHJP
C22B 7/00 20060101ALI20201225BHJP
C22B 1/02 20060101ALI20201225BHJP
C22B 3/44 20060101ALI20201225BHJP
C22B 3/12 20060101ALI20201225BHJP
【FI】
C22B26/12
H01M10/54
C22B7/00 C
C22B1/02
C22B3/44 101Z
C22B3/12
【審査請求】有
【請求項の数】3
【出願形態】OL
【全頁数】11
(21)【出願番号】特願2019-124215(P2019-124215)
(22)【出願日】2019年7月3日
(11)【特許番号】特許第6647667号(P6647667)
(45)【特許公報発行日】2020年2月14日
(71)【出願人】
【識別番号】391023415
【氏名又は名称】株式会社アサカ理研
(74)【代理人
【識別番号】110000800
【氏名又は名称】特許業務法人創成国際特許事務所
(72)【発明者】
【氏名】佐久間 幸雄
(72)【発明者】
【氏名】中澤 順

※※※※※

 

今日の特許公開といい、1月15日の工場増設発表といい、アサカ理研の将来性は凄まじいものがあります。

 ⬇⬇⬇

1.工場増設の趣旨

2020 年 10 月5日に開示しております、リチウムイオン電池(LiB:Lithium-ion Battery)再生事業に かかる量産プラント導入に際して工場を増設し、持続的な成長に向けた新たな事業の柱を構築すること を目的といたします。

2.概要

(1) 名 称 いわき工場

(2) 所 在 地 福島県いわき市泉町黒須野字江越 246-23

(3) 敷 地 面 積 34,356 ㎡

(4) 延 床 面 積 現在、検討中でございます。

(5) 投 資 総 額 約 10 億円

(6) 資 金 計 画 自己資金及び金融機関からの借入を予定しております。

本件導入に際して「ふくしま産業復興企業立地補助金(13 次募集)」 の指定を受けることが決定しております。

3.日程

(1) 着 工 予 定 2021 年2月上旬

(2) 竣 工 予 定 2021 年 12 月下旬

(3) 稼働開始予定 2022 年1月上旬

※※※※※

 

                (1月28日午前9時55分)

 

 

今日の前場は、日経平均312円安で引けました。

アサカ理研は、109円高の1999円。

山王は、プラテンまでしましたが、前引けは20円安の1707円でした。

今日寄り付きで買った三菱化工機や加地テックは寄り付き値より上げて終わっています。

                    (1月28日正午)

 

 

今日は、日経平均437円安で終わりました。

アサカ理研は、60円高の1950円。

山王は、42円安の1685円で引けました。

三菱化工機は寄り付きより少し上げましたが、加地テックは下げています。

加地テックはもう100円安くらいのところが明日の25日線になりますから、タッチして上昇するかもしれません。下がれば明日も買います。

これで、個別銘柄は、アサカ理研、山王、三菱化工機、加地テックの4銘柄になりました。

1357のダブルインバースはそのままです。

今夜のダウが大幅続落するようなことがあると、調整は大きく長引くこともありますので、いまはまだ外せません。

                (1月28日15時16分)

 

1月27日(水)

今日の前場は、日経平均49円高で引けました。

プラスですが、上げ幅を急速に縮めています。

非常に弱い形です。

バイデン誕生までは、大きく上がっていた株式市場ですが、バイデンにしても菅にしても全く覇気がなく、なんとなくどんよりした感じがします。

株式市場の下落には気をつけていきたいと思います。

アサカ理研は、今日も大きく下げています。

180円安の3855円です。

反面、山王はこのところ少し強い感じです。49円高の1744円でした。

1357のダブルインバースを451円で買いました。

万が一に備えて、です。

               (1月27日午前11時48分)

 

 

 

今日は、日経平均89円で引けました。

マイテンするかと思っていましたが、大崩れすることなく終わりました。

アサカ理研は、255円安の3780円で引けました。

山王は、32円高の1727円で引けました。

 

再生エネや水素関連は、このところ調整が続いています。

どの銘柄も25日線に近づいてきました。

そろそろ明日あたりから、水素関連を買っていくかもしれません。

             (1月27日15時13分)

 

1月26日(火)

今日の前場は、日経平均181円安で引けました。

アサカ理研は、155円安の4115円と大きく落ちています。

山王の方は、1658円まで落ちましたが、前場引け際にプラテンして5円高の1711円で引けています。

              (1月26日午前11時33分)

 

 

今日は相場全体が弱かったですね。

日経平均276円安でした。

アサカ理研が235円安の4035円と5%程度の大幅安でした。

山王も、マイテンして11円安の1695円でした。

 

そろそろ、日経平均もニューヨークダウも大きな調整が来る頃でしょうか。

銘柄数を絞って備えているつもりですが、気をつけていきたいと思います。

             (1月26日15時25分)

 

1月25日(月)

今日の前場は、日経平均135円高で引けました。

アサカ理研は4130円まで押したものの、5円安の4285円まで戻して引けました。

山王は、12円高の1702円でした。

アサカ理研は今週にカップウィズハンドルを形成することができるか注目しています。

                     (1月25日午前11時42分)

 

 

今日は、日経平均190円高で引けました。

アサカ理研は、後場上げてきましたので、このままプラスになると思っていましたが、結局20円安の4270円で引けました。

カップウィズハンドルは持ち越しです。

山王は、16円高の1706円で引けました。

 

今日は、細谷火工を1277円で買いました。中国の動きが不穏です。

戦争の時のリスクヘッジとしてまた買っておきます。

                (1月25日15時28分)

LiBtoLiB 

 ねこまる (1.79.88.227)  
ショーシャンクさん、こんにちは。
 
アサカ理研のIR担当の方より、「『世界初』『世界に先駆けて』という言葉は、訂正させて下さい」と言われました。
実際に、中国や欧州の企業で、レアメタルリサイクル事業をしている会社がいて、それらの企業のリサイクルしたレアメタルの品質がどうか、正確に把握していないため、とのことです。
 
ただ、「車載用リチウムイオン電池に再利用するのに、高品質・高純度のレアメタルが必要なのは、変わりません。
そして、車載用リチウムイオン電池から再び車載用リチウムイオン電池にリサイクルする、所謂LiBtoLiBについて、現時点でできている企業は、弊社の知る限りありません。
出来る限り早く事業開始できるよう、頑張っていきます。」とのことでした。
 
■私の所感 LiBtoLiBについて、高品質のレアメタルを再生できるリサイクル技術が必要で、それをできている企業がまだ存在しないということは、やはり世界初の技術ではないかと思いました。 トップ部隊に君臨していることは認めつつも、トップランナーであることは否定したかったみたいです。
 
このブログは多くの方が見ているとのことでしたので、誤解が生まれぬよう、投稿しました。 どうもお騒がせしてしまい、申し訳ありませんでした。
今後ともよろしくお願い致します。
 

 

 

ねこまるさん、こんにちは。

会社側は万一間違いがあったらいけないので、そう言うでしょうね。

しかし、その言葉を読み解くと、少なくとも日本ではLiBtoLiBができる企業はアサカ理研しかないのは確かのようです。

また、世界的にも、かなり同業者の動向は調べているでしょうから、アサカ理研が調べても今のところはアサカ理研しかない、ということは伝わってきました。

ひょっとすると調べてないところでその技術を持っているところがあったら世界初は間違いになるというリスクを回避しているだけですね。

 

IRの言葉をどう判断するかは、投資家個人個人にかかってきますから、もちろん投資家の自己責任です。

これからのアサカ理研の進展でわかってくるでしょう。

              (2021年1月22日16時24分)