ドリームインキュベータ(2014/09/29~)

夢の孵卵器

2014/09/29 10:00

温めてきた夢の卵たちが
来年以降、どんどん孵っていくでしょう。
日本経済、日本株式市場の低迷期を経て
やっとその時が近づいてきました。
日本の夢が卵から孵って
世界に羽ばたいていくことでしょう。

 

 

 

自らのみに

2014/09/29 14:07

私は自分なりに調べに調べて
ドリームインキュベータが来年大きく羽ばたくと確信しました。
買った理由は大きなものだけで7つ以上あります。
しかし、どれもあくまで私の推測憶測思い込みでしかありません。
未来が正確に見通せる人なんて誰一人いません。
ですから外れることがあろうとも、私は自分の推測憶測判断だけに従うしかありません。

 

 

 

私が買った理由①成長戦略の柱としてのベンチャーキャピタル

2014/09/30 09:24

アベノミクス成長戦略の大きな柱はベンチャー育成です。
日本経済が活性化し世界に中心に復活するためには、斬新なアイデアと行動力を持ったベンチャー企業がどんどん出てくることが重要です。
このため、アベノミクスでは、第一弾の国家戦略特区として、福岡市を起業特区としました。
これを見ても、アベノミクスベンチャー育成を最優先課題としているのがわかります。
アメリカでは、大企業に行くのは独創性のない若者で、本当に才能のある者はベンチャー起業を目指します。
しかし、日本では、ベンチャーに対する考え方も育成する仕組みも育っていません。
幸い、日本株式市場は世界の市場の中でも強さを取り戻し始めています。
これからどんどん斬新なアイデアに溢れたIPOが出てくるでしょう。
私は、来年は本当の意味でベンチャー元年だと思っています。
今後、政府は、ベンチャーキャピタル企業の育成策を果敢に打ち出してくるでしょう。
ベンチャーキャピタル投資減税など、大きくベンチャー育成、ベンチャーキャピタル育成に踏み出すと見ています。
ベンチャーキャピタル企業も株式市場の上昇、新規上場企業の増加という追い風を受けて
大きく業績を伸ばすはずです。

民主党政権下の日本経済低迷期、ベンチャーキャピタル低迷期を脱し、株式市場は大きく動き出しました。
来年には、ベンチャーキャピタル企業に減税政策を含めた大きな追い風が吹くのではないでしょうか。

 

 

 

私が買った理由② ZMP関連本命としてのドリームインキュベータ

2014/09/30 10:18

来年、ZMPの上場は市場の話題を独占するでしょう。
相場の中心テーマである、自動運転、ロボットの本命中の本命銘柄であるからです。
私の言うことはすべて私の推測憶測思い込みにしか過ぎませんが、ここからは特に全くの憶測です。

ZMPの上場は、リプロセルやサイバーダインの上場と同じかそれ以上のインパクトをもたらすはずです。
もし上場すれば、サイバーダインのように時価総額2000億円に行くと憶測しています。
面白いことに売上高もリプロセルやサイバーダインと同じ水準です。
しかし、ZMPの谷口社長は「産業といえるようになるには、一定の売り上げ、最低でも1000億円程度の規模になることが必要と考えていますので僕らはいろんな事業を打ちまくるつもりです。それで2017年に100億円、2020年には1000億を目指しています。」と言っています。
これを見ても、ZMPが上場すればサイバーダイン以上になるのではないかと思っています。

ドリームインキュベータはZMPに出資しています。(会社に確認済み)
しかし、保有株数や出資比率は非開示です。
私は、今までのドリームインキュベータ社の投資先の出資比率を調べました。また、同社の戦略の資料も調べました。
ドリームインキュベータが言っているように、同社の基本戦略としては、出資比率を20%くらいにして投資先への戦略アドバイスなど深く関わっていく姿勢のようです。
もちろん、ZMPへの出資比率が20%もあればこれは大変なことになりますが
可能性としては、出資比率5%~20%の間ではないかと見ています。もちろん、すべて私だけの憶測にしか過ぎず、これ以下の可能性もありますが。
仮に、出資比率10%と仮定すると、時価総額2000億円になれば、含み益がほぼ200億円となります。(ほぼ、と書いたのは若干の原価があるからです)
出資比率5%でも100億円です。

ドリームインキュベータ時価総額は昨日の終値で160億円程度です。
さらに、現在含み益が50億円を超えています。(6月末時点)
これにZMP上場の含み益が加算されたら大変なことになります。

ただ、何度も言いますが、これはただの私の憶測にしか過ぎません。
ZMPの時価総額もずっと低いかもわかりませんし、ドリームインキュベータの出資比率も低いかもしれません。あくまでも私の予測です。外れたら私が損をするだけです。
私が買った理由は7つ以上ありますが、連続投稿は迷惑ですから、1週間くらいをかけて投稿していきたいと思います。

 

 

お邪魔いたします

2014/09/30 15:40

kabugon21 障子に久秀さん
お邪魔いたします。

来年、この孵卵器からどのように眩い多種多様な夢が出てくるか楽しみです。
ここは日本の文化、日本の技術の発信基地にもなるでしょう。

私は長期で見ていますので、日々の株価変動には興味ありません。
今年は上がったり下がったりでしょう。
ここが大きく花開くのは来年だと思っています。
今年中にここの真価が徐々にでも分かってもらえるようになればいいなと思います。
ここはダイヤの原石ですから。

よろしくお願いいたします。

 

 

私が買った理由③ペット保険の大きな拡大余地

2014/10/01 09:45

日本のペット飼い主のうち
ペット保険加入率はまだわずか4%です。
ペット先進国のスウェーデンでは加入率50%、英国では20%です。
専門家は、日本のペット保険も加入率20%になる予測をしています。
つまり、今の市場の5倍です。
また、人間の保険に比べ、ペット保険は歴史が浅いだけに付加価値をつける余地も相当あります。
ペット保険市場は急拡大を続けるでしょう。

ペット保険の将来性を見込んで、ペット保険専業のアニコムは
1株利益26円のところ、現時点の株価は1,275円です。
PERは49倍です。
もし、14年3月期1株利益88円のドリームインキュベータが49倍まで買われたら
4,300円となります。
ドリームインキュベータのペット保険分野にはあまり注目が集まりませんが
実は柱の一つであり、大きく評価されるべきだと思っています。

 

 

kabugon21 障子に久秀さん

2014/10/01 13:23

>>No. 59763

いろいろな意見の方が来られているようですね。
その人その人で、ご意見はすべて違って当然だと思います。
株式投資は、本質的には推測のゲームであり、
投資家は自分自身の意見判断推測憶測で投資を行うしかないのですから
それぞれの人の意見はすべて違うのが当然です。
私は私の憶測にのみ基づいて投資しています。
例えば、ZMP上場の株価に対するインパクトを考えてみますと
保有株数そのものよりも、保有株数と時価総額の関係のほうが重要です。
自分なりに調べて、時価総額との関係から最も株価にインパクトがあるのは
ドリームインキュベータだと判断しています。
アートスパークの240株、富士エレクトロニクスの800株以外はすべて非開示ですから
インパクトの大きさは推測するしかありません。
例えば、ジャフコ時価総額は2000億円近くあります。ですからどうしてもインパクトは限られます。
もし仮にZMPがサイバーダインと同じ時価総額2000億円に到達すれば
ドリームインキュベータのZMP出資比率が5%しかなくても、含み益はおよそ100億円です。
現在含み益が50億円以上ありますから、含み益だけで今の時価総額相当近くになるということです。
私はこれを凄いことだと思っています。もちろん私の憶測にしか過ぎないので、他の方は全く違う推測をされればいいのですが。

 

 

私が買った理由④ 圧倒的な割安性

2014/10/02 13:21

直近の第1四半期末時点(2014年6月末時点)において
ドリームインキュベータの含み益は54億9600万円です。
この含み益は上場株式含み益であり、不動産などの含み資産と違い
極めて換金性が高いものです。
発行済株式数は985万株ですから
1株当たりの含み益は、557円です。
つまり現在の株価1,597円のうち557円が含み益分となります。
残りは1,040円ですが、ここの1株資産は1,323円あります。

また、勝手な憶測ですが、ZMPの時価総額が2,000億円いったとして
ここの出資比率を少なめに見て5%として計算した場合、ほぼ100億円が含み益となりますから
含み益総額は154億円にもなります。(7月に株式会社ユニオンコミュニティが韓国市場に上場しましたので含み益はそれ以上となります)
その場合、1株当たりの含み益は1,563円程度になりますので、
現在の株価1,597円では、そのほとんどが含み益分となる計算です。

もちろん、これは私独自の勝手な計算法ですが、私の尺度では、全銘柄の中でも圧倒的に割安だと判断しています。

 

 

 

私が買った理由⑤ 隠れたカジノ関連銘柄として

2014/10/03 17:04

株式市場ではカジノ関連が一つの大きなテーマとなっています。
しかしながら、現在、カジノ関連と目される銘柄のほとんどは機器や設備関連です。
カジノが合法化されたときに巨万の富を手にするのはカジノ運営会社です。
機器納入業者は恩恵はあるにしても限られたものです。

これも全く私の憶測ですが、日本で最初にカジノが作られるのは
東京と大阪の2都市となると見ています。
最初に失敗は許されず、成功の確度の高い場所が選ばれるでしょうから。
そして、運営会社は米国のラスベガス・サンズ社とウイン・リゾーツ社が本命でしょう。
海外勢の膨大な実績とノウハウなしには成功は難しいと思います。
運営形態としては、海外の実績ある運営会社と日本の会社が出資して
カジノ運営の新会社を設立するはずです。
コナミはそれを見越して新会社に出資しカジノ運営に参画する態勢をとっています。

私は、カジノ関連銘柄の本命は納入業者でなくカジノ運営に参画する企業だと思っています。
つまり、日本でのカジノ運営新会社に出資する会社です。

ドリームインキュベータの代表者堀紘一氏は、日本では最もカジノを知り尽くしてる人の一人であり、強力なカジノ推進論者です。
現在のカジノには高度のエンターテイメント性が欠かせず、またそれは日本文化を高い次元でアレンジしたものでなければいけないでしょう。
ドリームインキュベータ東京ガールズコレクションなどの日本文化の発信基地でもあり
カジノに必須の高度のエンターテイメントのノウハウを持った企業です。
私は、必ず、カジノ運営新会社に出資参画すると見ています。

 

 

それでは

2014/10/03 17:15

さて、いろいろ自分だけの憶測妄想を書いてきました。
買った理由としては、あと2~3あります。
しかし、これは、来年になって形が現れ始めたときに書きます。
あくまでも私の憶測にしか過ぎませんし。
私は長期で保有しますので、この掲示板も日々の株価もあまり見ないでしょうし
掲示板に書き込むこともほとんどないと思います。
自分の推測が当たればうれしいですし、大きな利益にもなるでしょう。
しかし、外れれば大きな損失になります。
それが株です。ですから、自分の憶測にのみ従うしかありません。

それでは、自分の妄想が少しでも当たってくれることを祈っています。

 

 

全国初、福岡市特区設置の「雇用労働相談センター」を運営開始

2014/11/26 18:41

>>No. 59970

今日株価は全く反応しませんでしたが、昨日のこのプレスリリースは非常に重要なものだと思っています。
アベノミクス成長戦略の核はベンチャー育成であることは、これから徐々に明らかになってくると思います。
そして、ベンチャー育成が株式市場のテーマになった時には、その中心銘柄が脚光を浴びるはずです。
このプレスリリースの中でも、『創業以来積み重ねてきたベンチャー投資・育成実績に加え、コンサルティング事業や事業経営などの展開事業が評価され』『厚生労働省内閣府・福岡市とDIとの密な連携により運営されます。』の文言は、これから先、大きな意味を持ってくるものと思っています。

 

 

 

四季報新春号

2014/12/11 17:43

4310 ドリームインキュベータ  大幅増額↑↑
【含み実現】ペットブーム追い風に保険が前号想定やや超。コンサルも大企業向け好反発。前期IPO4社の含み益一部実現の効果大。営業増益幅一段拡大。増配濃厚。16年3月期は保険がやや減速。増益率鈍る。
オリックス】共同で設立のアジア産業ファンド(50億円)の投資完了。規模や投資エリア拡大し2号ファンド組成を準備。米投資銀行のレインと14年11月戦略業務提携。

15年3月期予想1株利益 131.0円
16年3月期予想1株利益 148.8円

 

 

なだらかな上昇が理想です

2014/12/12 09:50

>>No. 60093

ドリームインキュベータ
10月の株式市場暴落の時もほとんど下がりませんでしたし
気が付けばずいぶんと騰がってるという、私の理想とする値動きです。

多くの人の注目と人気を集める短期急騰株は同時に多くの短期目線の人を集めます。
ですからどうしても波乱要素が大きくなってきます。
過度な人気はないほうがよく、なだらかな上昇が理想です。

四季報は前号との変化率が最も重要だと考えます。
秋号の15年3月期予想は営業利益、経常利益とも1,260(百万円)でしたが、新春号の予想は1,650(百万円)と大幅に増額しています。
16年3月期予想も、1,450(百万円)が1,870(百万円)となっています。
1株利益も、それぞれ101.8円が131.0円に、115.4円が148.8円に大幅に修正されています。
予想増配幅も大きくなっています。

これから政府が大規模なベンチャー育成策を打ち出してきたり、ZMPの上場が決まったときには大きく株価は動くでしょうが、それがなくても、業績の裏打ちがあることからなだらかな上昇を期待しています。

 

 

 

2015年を目前にして どん…

2014/12/17 20:15

>>No. 60140

2015年を目前にして
どんどん形が現われてきましたね。
ドリームインキュベータがZMP相場の本命と考えるのは
時価総額に比して保有株数が大きいと推理しているからだけではありません。
ロボットや自動運転の分野は、各企業のノウハウを様々な業界の枠を超えて融合させることが必要となるのではないでしょうか。
その際、プロデュースするところ、指揮するところが中核となる必要があります。
日本屈指の頭脳集団、専門家集団のドリームインキュベータが今後、その中核となってプロデュースする形が姿を現してきたように思えます。

 

 

説明会の素晴らしいご報告、あり…

2015/02/08 09:05

>>No. 61205

説明会の素晴らしいご報告、ありがとうございました。

いよいよドリームインキュベータの大きな可能性がその姿を現してきましたね。
ワクワクしてきます。
ZMP上場のその先にも、比較にならないくらい大きなものが出番を待っているようですね。
また、戦略的コンサルとして1社あたりの投資額が大きいという会社側の説明は
ZMP上場に関しても大きく期待できそうです。

アイペット上場、ZMP上場、提携したRAINEとの2つの案件、・・・
今年、大きな夢の卵が次々に孵っていきますね。楽しみです。