7月29日~

週の始まりから、多摩川ホールディングススリープロ、アイエスビーなどの5G絶好調ですね。特に多摩川ホールディングスは5%高です。

ラグビーワールドカップに合わせてNTTドコモが5Gプレサービスを実施』というニュースが出ています。いよいよ今年の9月から5Gが体験できるところが出てくるということです。

これは、来年の東京オリンピック向けて一気に5Gインフラ構築となるかもしれません。

                   (2019年7月29日午前9時30分)

 

アイレックスは今日は下がっているので、下で追加買い指値していますが刺さりません。野村證券空売りしてみました。ここまで薄商いが続くと手数料収入は激減するでしょうし、日経平均との連動性がかなり高いので暴落時のリスクヘッジとしてです。

 

これにより、買いの主力の、多摩川ホールディングススリープロ、アイレックス、アイエスビーの総金額と

トヨタ空売り、野村の空売り、そして1357の買い、というベアの総金額が全く同じになりました。

つまり、ブルとベアを全く同一金額にしたということです。

                   (2019年7月29日14時)

 

大注目のFOMCを控え、方向感が出ませんね。

こういうときは、ベアだけ、ブルだけ、はやめて

同じだけベアとブルに配分するべきですね。

金利を、0.25%利下げした場合、ダウやドル円、そして日経平均が上に行くのか下に行くのか、です。

多分、ほとんどの人は0.25%利下げと思っているでしょうし、私もそう見ていますが

ダウは0.5%利下げまで期待しているところもあります。

ですから0.25%利下げなら、ダウは下落、ドル円は上昇、日経平均は小動きでしょうか。

0.5%利下げなら、ダウは暴騰、ドル円は下落、日経平均はとりあえず上昇、でしょうか。

特に、日経平均は、ダウに引っ張られるのか、ドル円に引っ張られるのか最近は不規則なので、本当に難しいところです。

金利がどうなるかが確定するまでは、現金100%か、ブル、ベア同じ配分か、のどちらかにすべきかもしれません。

                   (2019年7月29日18時)

 

 

今日は7月最後の日です。FOMCを睨んだ動きは今日まででしょうけど、日経平均は170円安位から始まっています。

アンリツの決算がよかったので、5G関連は上げていますね。

5G関連が上がって、ベア銘柄は下がっているので、今日の出だしはいい感じですが、自分のブル銘柄が上がってベア銘柄が下がるというような都合のいいことはそんなには続かないでしょう。

今夜の米金利次第では、0.5%利下げまたは、0.25%利下げ+近日中に再利下げ、という発表でダウ大暴騰、明日から日経平均も暴騰ということも十分あります。

トランプがかなり利下げ強要しまくっています。中央銀行の独立性とか全く考えてない大統領なので。

                   (2019年7月31日午前9時20分)

 

歯医者から帰って見ますと、日経平均は200円を超える下げになっています。

ですから、買っている1357は上がっています。

連れて、売りの主力のトヨタも野村は下がっていますね。

そして、多摩川スリープロ、アイレックス、アイエスビーの買いの主力はすべて上がっています。

これ以上はない展開ですが、そうそうそんなにうまいことは続きません。

今夜は大注目ですね。

                (2019年7月31日午前11時20分)

 

今日から8月ですが、野村が予想外の決算出しましたね。海外でかなり稼いだようです。これは想定外でした。野村の空売りは朝で手仕舞いました。自分の予想と想定外なことになったときは、一刻も早く取り消すべきだと思っていますので。

他の銘柄はそのままです。

昨日はやはり0.25%の利下げでしたね。しかし、パウエルは『調整』という言葉を使ったために、継続して利下げしないという観測が生まれダウは333ドル安です。

8月はやはり慎重にいきたいですね。

               (2019年8月1日午前9時20分)

 

 

トランプ大統領が、9月から中国に対し、残りの品目に対しても10%の追加関税をかけると言ったために、上がっていたダウは急落、日経平均も400円安から始まっています。

やはり、8月は波乱の月ですね。慎重にいきましょう。

               (2019年8月2日午前9時14分)