8月9日

今日は、上方修正したアサカ理研が高いですね。

5月以降、レアアース相場はかなり高くなっていますし、今後はもっと高くなると見ています。金価格の上昇もプラス材料でしょうか。

 

※※※

 [9日 ロイター] - 中国が米農産品の購入を停止すると発表したことを受け、ホワイトハウスは米企業に中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]との取引再開を認めるライセンスについて決定を保留している。ブルームバーグが関係筋の話として報じた。

 ロス米商務長官は先週、ファーウェイとの取引を再開するためのライセンス申請が50社以上からあったと明らかにし、これらの申請について近く決定する方針を示していた。

 米政府は5月にファーウェイを安全保障上の懸念がある企業を指定した「エンティティー・リスト」に加え、米企業との取引を事実上禁止した。同社との取引を希望する米企業は、特別なライセンスを取得する必要がある。

 ライセンスを巡る決定の遅れが伝わると、豪ドルは下落し、円は上昇。オフショア人民元は0.1%安の1ドル=7.0860元を付けた。

※※※

 

またまた、ファーウェイとの取引は遠のきました。

中国はかなり強気転換していますから、もう一歩も引かないでしょう。

ファーウェイの5Gの代替え需要といえば、多摩川ホールディングスです。

四季報にも『5G本格立ち上げと中国ファーウェイ制裁影響見越し、国内外からアナログ高周波部品の引き合い活発』とあります。

非常に大きな追い風が吹いているのが分かります。

国内外から引き合い、というのがいいですね。世界的な5G普及の波に乗る可能性があります。

 

あと、これはおすすめできませんが、いま安値圏に放置されている軍事銘柄を1銘柄集めています。いま、急に世界中がきな臭くなっています。戦争が起きた時に株の暴落も起きるかもしれません。その時のリスクヘッジとして持とうと思っています。去年、米朝の首脳会談があってから、軍事関連は下がり続けていますから非常に安い位置にあります。こういうときに買い下がっているとリスクヘッジにはなります。

                  (2019年8月9日午前9時40分)