10月の戦略

配当落ち後の9月27日の鴻池運輸の株価は

1574円(15円安)まであり、終値は1601円でした。

 

株式投資で最も儲かるのは、市場の大暴落時に買う銘柄を決めて買うことです。

あさってから10月に入りますが、今年の10月は大暴落があるのではないかとかなりの人が身構えています。

実際に大暴落があるかどうかはわかりません。

大多数の人が大暴落を予想するときは、逆に大暴騰になることもあります。売りが溜まりに溜まって暴騰のエネルギー源になるからです。

ですから、10月は目を覆うような大暴落の可能性もあり、予想を覆すような大暴騰もありえます。

こういう場合、最も危険でかつ当たった時に最もリターンが大きいのは、ブルかベアか、どちらかを決めてそちらに全力で賭けることです。予想に自信がある人はそうすればいいでしょう。

最も安全なのは、上か下かが分からないときは現金100%にしておくことです。これは特にこの10月はおすすめです。

次に安全なのは、ブルとベアを同じ金額にしておくことです。

 

私の戦略は、大暴落時に買い下がる銘柄を決めておいて、暴落が来ないで暴騰になった時もいいようにその銘柄をそこそこ買っておいてしかも買い余力を多く持っておき、もし市場の大暴落が起きたなら、そこで買い下がっていく戦略です。

2,3銘柄、そのような銘柄を決めています。

鴻池運輸はその一つです。

インド関連の本命と思っていますし、実はカジノ関連で高騰する可能性もあります。

 

ただ、今年の10月は、大暴落になったら、リーマンショックを超えるとも言われていますので、自分で大きなリスクを取る覚悟ができていない人は、今は絶対に買うべきではなく、現金100%にしておくのが最善でしょうね。

人の真似をしてその人の銘柄を買うだけの人は、大暴落時に怖くなって大きな損切をすることになりますから、もし、買うにしても今ではなく、市場が大暴落の時の底で買うべきでしょう。そしてその時は、ほとんど何を買っても儲かります。

              (2019年9月29日午前7時30分)