コロナウイルス関連が高い

2020年になって初めて書き込みます。

昨日、年間取引報告書が郵送されてきました。

去年一年は株をそれほど真剣にやってなく、ほとんど利益は出てないだろうと思っていました。ひょっとすると、ここ10年くらいでは初めて年間損失になったかなという気がしていました。

しかし、意外にも、年間利益で880万円出ていました。

去年は、大掛かりな歯のインプラント治療(現在も通っています)やお墓を神社納骨殿に移したこともあり、出費がかさんだことから、その感覚はありませんでした。

今までで去年が一番難しかったと思いますが、それでも利益が出ましたので、気をよくして、今日から買い始めました。

コロナウイルス関連銘柄が暴騰しているようですね。

コロナウイルス関連銘柄には取り上げられていない銘柄ですが、ファーマフーズが今日下がっていましたので買いました。

コロナウイルスは、インフルエンザ対策をしていれば十分防げるようですので、マスク用のスプレーなどインフルエンザ関連を多く販売しているファーマフーズはいいかなと思います。

また、鳥インフルエンザの時にも検出技術開発などで大活躍した会社ですから、今回のコロナウイルスでも貢献してくれるのではないかと期待しています。

もちろん、株価は育毛剤の大ヒットや配当復活などで大暴騰した後の高止まりのところにありますので、暴落はあるかもしれません。おすすめはできません。

                                                     (2020年1月21日午前11時30分)

 

 

今日も、コロナウイルス関連を1銘柄追加しました。

新日本科学です。

 いま、コロナウイルス関連銘柄で暴騰しているものにはそろそろ急落するものも出てくるでしょうけど、新日本科学はまだ上げていませんし、ここ数ヶ月の高値よりずっと低い位置にいます。明日以降、期待です。

コロナウイルスで買っているのは、ファーマフーズと新日本科学だけですが、この2銘柄とも業績が絶好調と言うこととコロナウイルスに関係なくても業績は伸びていくという共通点があります。

 

コロナウイルス自体は、下の記事を見ると、大変なことになりそうな気もします。

 ↓↓↓

 

21日には、武漢市の医師が、次のような意味深のメッセージをアップさせた。

<私は現在、もう2週間も残業づけの日々を送っている。昨日からようやく、世論は少し緊張しだした。だがわれわれが了解している状況は、一般の人々が最悪の事態と考えているものよりも、さらに深刻なのだ。

 鐘南山院士はメディアで、比較的穏当に述べた(1月20日に、かつてSARSと戦った元広州病院長の国家衛生健康委員会・鐘南山院士、84歳が、中央広播電視総体のインタビューに答えた)。だが彼は、武漢に視察に来た後、『直ちに武漢全体を封鎖すべきだ』という意見を述べたのだ。この意見を国務院は否決してしまった。

 私は毎日、大量の発症者と思しき患者を診察している。だが患者の数が多すぎて、とても収容しきれない。何せ隔離病棟は2棟しかないのだ。加えて、医療スタッフの一部も感染し、戦線離脱となってしまったが、その代役もいない。

 今回の新型コロナウイルスの特徴は、2003年のSARSに較べて潜伏期間が長いことだ。平均で9日間もある。しかも微熱だったり、発熱しない患者もいる(私は自分が診察している通りのことを話している)。

 武漢の人口(約1100万人)や、交通の要衝であることを考慮すると、すでに中国全土の都市にあまねく、患者は広がっているはずだ。それを報道するかしないかという問題だ。

 私の個人的な感触では、実際の感染規模は、2003年のSARSをすでに超えている。致死率のデータも曖昧になってしまっているようだ。いまは病毒が、さらに突然変異しないことを願うばかりだ>

 

 

それに、今週の土曜日、つまり1月25日から春節です。

春節の中国人の旅行先人気ナンバー1は日本です。

多くの中国人が日本に来ます。

一気に日本に広まる可能性もあります。気をつけましょう。

                 (2020年1月22日20時)

 

 

id:mariy22  

ショーシャンクさん こんばんは 銘柄のご紹介ありがとうございます。 新日本科学は株深でも今日紹介されPTSで大幅高になってます。 感染の拡大が各国に飛び火してるようでイヤな胸騒ぎを感じます。 早い収束を願いたいです。 「人生についてのひとりごと」で投稿しようと思ったのですがコメントするの欄が消えて投稿出来ませんでした。 若しかして私の機種だけなのかも知れません。 日経先物マイナス120明日は日経平均下げそうな気がします。
 
 
今週は、ファーマフーズと新日本科学をメインに買いましたが、ファーマフーズは今日大きく騰がってくれて含み益が出ていますが、新日本科学は含み損になっています。昨日大きく下がったので今日買い増ししました。ファーマフーズに含み益が出てなければそういうことはしなかったでしょうけど、含み益で気が大きくなっているのかも知れません。新日本科学はいつかは上がるとは思っています。
                       (2020年1月24日)
 
 
今日は、ファーマフーズ前場で一時ストップ高つけていますね。
ここ最近のぐだぐだな時に大きく買い増していたので、含み益が凄いです。
新日本科学は結局ほとんど動きませんでしたね。同値撤退です。
日経平均が急落していたときに、久しぶりにエヌエフ回路を買いました。3200円から2300円台まで暴落していたので。2300円台後半で買うことができました。
                       (2020年2月4日午前11時)
 
 
今日は、ブイキューブを買いました。懐かしいですね。
数年前、ブイキューブを買っていて、これも『ショーシャンク銘柄』と呼ばれていたことがあります。
テレビ会議の会社で、パンデミックの時に非常に強みを発揮する会社です。
今回のコロナウイルスのようなときには、支店間の移動も制限されますから、テレビ会議需要は増えます。
中国で展開しているので、かなりの追い風になるかもしれません。
直近700円を超えていたところから、今日は630円台まで下落していたので、638円で買ってみました。
 
今は
エヌエフ回路
ブイキューブ
このあたりを持っています。アサカ理研は今年後半の米中緊迫を予想して買っています。半年間は騰がることはないと思います。
                       (2020年2月5日午前10時)
 

 

ファーマフーズ、絶好調ですね。含み益が凄いです。育毛剤のニューモが爆発的に売れているので株価も反応してますね。試してみたいですが、私は髪は多い方なので試すことができません。

コロナウイルス関連では、今日から栄研化学を買っています。今日の前場終値は2385円です。武漢から帰った日本人で3回目の検査で陽性が出た人がいます。ということは一人の人でも何回も検査が必要と言うことです。検査キットの会社はこれから大きく伸びるでしょう。その中で本命中の本命は栄研化学です。ワクチンや治療薬は日本では無理そうです。やはり欧米の製薬会社には規模や資金量、経験、実績で大きく劣ります。しかし、検査キットの会社なら、特にLAMP法を開発した栄研化学であれば、世界で大きく飛躍できるかもしれません。

検査の迅速化、正確性など今までにできなかったことをやってくれる期待で栄研化学を応援します。

                   (2020年2月12日正午)

 

 

今日もファーマフーズは抜群に強かったですね。10%高です。

800円前後のもみ合いでかなり買っているのですが1315円引けです。

ただ、コロナウイルス関連は暴落しました。

昨日買った栄研化学は2215円引けです。2200円割れで少し買い増しました。

アメリカの簡易検査キットに不具合があったとのことで、正確性に難がありそうです。アメリカでそうですから中国の簡易検査キットの信用性はありません。

やはり、栄研化学に期待してます。

                  (2020年2月13日15時40分)