3月2日~

先週、ニューヨークダウも日経平均も大暴落しました。

書きましたように、ブイキューブやキョーリンは利益が出ているうちに売って、ファーマフーズだけに絞り、1357などのベアをファーマフーズと同じ額だけ持つようにしていましたが、1357の値上がりよりファーマフーズの下落率の方が遙かに大きかったです。

今日は一転、ファーマフーズストップ高です。

1株も売ってないのでうれしい限りです。

先週書きましたように、今日は寄り付きでゲーム株を数種類買いました。

銘柄は、バンクオブイノベーションAiming、ボルテージです。

また、いま、コメントに気づいて、教えていただいた日本ファルコムを少し買いました。十分調べる時間はなかったので、金額は少なめですが。

社会情勢からすると、なんとなく、ゲーム株はどれを買っても良さそうな気はしています。セクター買いしてもいいかもしれませんね。

ゲーム株以外では、イメージワンを寄り付きで買いました。

                (2020年3月2日午前10時8分)

 

 

今日の寄り付きは、日経平均も安く始まりましたし、気迷いムードが蔓延していましたので、意外と安く買えました。

寄り付き値は、バンクオブイノベーション1649円。Aiming401円。ボルテージ397円。イメージワン448円。でした。

ちなみに銘柄を決めた理由は、バンクオブイノベーションはPERが低いこと。来期の1株利益は162円ですから、先週終値では10倍を切っていました。業績の伸びも申し分ないです。

ボルテージは何よりも時価総額が極小なことです。時価総額20億円というのは魅力的です。

Aimingは、4連続ストップ高をつけたほどの材料があるのだと考えました。

ゲームはしませんので、ゲーム作品についてはさっぱりわかりません。

ゲームをしてないのにゲーム株を買うなと言われそうですが、育毛剤を使ったことがない人もファーマフーズ株は買っていますので(笑)

 

イメージワンは遠隔医療テーマの本命と考えていますので、ここまで安く買えたのはうれしいです。時価総額も30億円を割り込むくらいに売られていましたし、来期の1株利益は40.9円ですから、割安でした。

 

ちなみに、1357はこれからも外しません。いまは日経平均は大幅高になっていますが。いったん、反発したらまた安値を取ってくると考えていますので、1357はお守りのようなものです。

                   (2020年3月2日午前10時47分)

 

 

 今日は、結局、日経平均201円高の21344円で終わりました。

金曜日に売られすぎたとも言えます。

日銀の黒田総裁のコメントが効いたとも言えます。

ただの反発、死んだ猫のバウンドなのか、日銀の緩和期待なのか、そのうちわかるでしょうけど、前に書きましたように、ヘッドアンドショルダーができていますので、やはり二番底は避けられないとは思っています。

22000円に近づけば1357を買い増しします。

日本に比べ、アメリカは経済自体が強いですから、今夜のニューヨークダウも大幅上昇でしょうし、強い相場が戻るように思えます。

               (2020年3月2日16時)

 

 

いま来客が帰りましたので株価ボードみると、びっくりするほど弱いですね。

昨夜のニューヨークダウが1293ドル高で史上最大の上げ幅でしたので、今日は1357が安く仕込めると期待して999以下で指し値していましたが、全く刺さっていませんでした。

これはやはり近いうちに二番底を探りに来る展開でしょうか。

                  (2020年3月3日午前11時25分)

 

 

 

ゲーマー目線 (14.13.208.128)  

すいませんショーシャンクさん 引き続き下がっていれば中々いい買い場で買っていただくことが出来たんですが。ただファルコムは赤字や増資とは無縁で9月には上方修正を出すのが恒例行事の様になっているので、その時期までに安く買う事だけが重要かと思います。 あと私もaimingやオルトプラスは下がっていれば買うつもりだったんですが、今日は買えませんでした。 1357に関しては全く同じ考えです。
 
 
 
 
 
ゲーマー目線さん、今日は日経平均も個別株も寄り天の大陰線が多かったですね。日経平均も個別株も二番底をつけに来る気配濃厚です。
最低、個別株と同金額の1357は必要でしょうね。最大限の警戒をしていきましょう。
        
                                      (3月3日16時)
 
 
 
 
 
 
 
 
昨夜のニューヨークダウは、なんとも凄い動きでしたね。
真夜中の0時にいきなりダウが急騰してきました。FRBの緊急利下げ発表だったよう
です。
ところがその後急速に値崩れしてきて、終わってみるとダウ785ドル安でした。
日経平均先物も安くなっていましたので、今日の東京市場は安く始まりましたが、いまは100円程度の上昇に転じています。
 
この動きは、ほとんどの人が資産を溶かし続ける動きですね。
上に行くと思って慌てて買ったら急落し始めるので成り行きで全部売って、その後上昇に転じたのをみて慌てて買いに入ったらまた急落するので泣く泣く損切りする・・というパターンですね。
動けば動くほどお金を減らし続けることになります。
 
                                    (2020年3月4日午前10時20分)
 
 
 
今日もやはり引けにかけて失速して、日経平均は17円高の21100円で終わりました。
しかし、持ち株は好調です。ファーマフーズも上げましたし、ゲーム株はどれも一斉高していますね。
 
今日は、新たにゲーム株のエクストリームを買いました。休校、巣ごもりによって、ゲーム業界が売り上げを伸ばすのは確実ですし、ゲーム業界全般が活況となれば、技術者派遣や受託開発しているエクストリームには大きな追い風です。自社でもゲーム開発しています。業績も絶好調でPERも割安です。何より月足のチャートの形が気に入っています。
 
あと、株数の少なかった日本ファルコムが安いところがあったので2倍に買い増しました。
                                    (2020年3月4日16時30分)
 
 
 
予想通りの展開になってきましたね。
ゲームセクターが大賑わいです。
ゲームはセクター買いしてよさそうだと書いたとおりになりつつあります。
今日は特にバンクオブイノベーションが強いですね。
バンクオブイノベーションとエクストリームは特に、ゲーム業界全体が売り上げを伸ばすときには相当な追い風になりますので、お薦めです。
ゲームセクター以外でも、持ち株ではファーマフーズも強いですし、最高です。
 
                (2020年3月5日午前9時45分)
 
 
日経平均は229円高の21329円で終わりました。朝方強かった持ち株ですが、引けにかけて値を崩すものが多かったです。日経平均が22000円に近づいたら1357を買い増す方針は変わりません。ダウに比べ、日本株がいまいち弱い感じです。新型コロナウイルスのダメージとくに東京五輪が成功するかどうかの見極めが非常に難しいからかもしれません。
             
               (3月5日15時10分)
 
 
ニューヨークダウ、まさしく日替わりの大暴騰大暴落を演じていますね。
▼ 1191ドル
▼  357ドル
△ 1294ドル
▼  786ドル
△ 1173ドル
▼  969ドル
 
これに右往左往していると、お金を全部溶かしてしまいます。
 
新型コロナウイルスに全く悪影響を受けない銘柄を保有し、同時にリスクヘッジとして同じ金額以上の1357を買っておくのがいいでしょう。
今日は、新たに4448Chatworkを買いました。
ゲーム株、ファーマフーズ、Chatwork、どれも新型コロナウイルスに影響を受けないかむしろ業績がよくなる銘柄群です。
 
日経平均はいまのところ309円安です。思ったよりは下げていません。
                 
                  (2020年3月6日午前9時30分)
 
 
今日は、あれから日経平均が崩れ始め、結局579円安の20749円で終わりました。
個別銘柄もどれも大きく崩れましたね。
お守りの1357がなければ相当やられているところでした。
 
しかし、今日の終値の20749円あたりは、PBR1倍の線ではないかと思います。
この線は盤石と考えている人が多く、これを二番底として上に行くシナリオが最も支持されているようです。
もし、この線を割り込むことになりますと、これはもう下値の目処がつかなくなります。
日経平均にとっては正念場ですね。
私は、個別銘柄と同じだけのインバースを買っているので、下でもいいかなとは思っています。                                  
 
(2020年3月6日16時)