3月16日~

現在の日経平均は、78円安の17352円です。

FRBが米国の金利をゼロ金利にするとの報道から、寄り付きは高く始まりました。

前に書きましたように、そこで1357を大量に買い増しして、いまは、投資金額の50%を1357にしています。

もしこれから日経平均が14000円になってもいいようにしています。

 

いまのところ、私の持ち株は軒並み高いです。

ファーマフーズは10%を超える上げになっていますし、他の銘柄もかなり大きく上げています。

 

私の想定シナリオは、いったんリバウンドして、それからもうひと波暴落が来て底をつけるというものです。

ですから、日経平均14000円になってもいいようにはしています。

                   (2020年3月16日午前10時50分)

 

 

 

前場日経平均は、18円高の17449円で終わりました。

 

※※※※※

FRBは15日、日本時間の16日朝開いた臨時の会合で、政策金利を一気に1%引き下げて0%から0.25%の範囲とする、事実上のゼロ金利政策に踏み切りました。

また、今後数か月で、国債などを7000億ドル、日本円で74兆円規模で買い入れて市場に大量の資金を供給する量的緩和の再開も決めました。

※※※※※

 

 

ここまでやって、この弱さです。

個別株はどれも非常に強いのに、日経平均は弱いままです。

やはり、今のように、個別銘柄と1357を50%50%にしておくのがいいと思います。

もし、東京オリンピック中止が決定したときには、日経平均は14000円に突っ込むでしょう。

個別銘柄を買っている人はリスクヘッジを必ずしておいた方がいいですね。

もちろん、ここまで世界中が利下げと量的緩和をするのですからいつ大暴騰になってもおかしくないので、空売りだけというのも非常に危険です。

 

                 (3月16日午前11時46分)

 

 

 

今日の日経平均は、429円安の17002円で終わりました。

なんとも弱いですね。

 

※※※※※

日銀は16日に前倒しで開催した金融政策決定会合で上場投資信託ETF)の買い入れ額を当面12兆円と倍増を決めた。追加の金融緩和を受け、上げ幅を300円あまりに広げる場面があったが、基本的な買い入れペースは従来通り6兆円ともしたため、徐々に取り組み姿勢に対する失望感が広がり、大引けにかけて売りがかさんだ。下げ幅は一時500円を超えた。

※※※※※

 

FRBのゼロ金利量的緩和に続き、日銀もETF買いの倍増を決めましたが、それでも下がって終わりました。

ここまで強力な金融政策が全く効かないとなると、後に残るのは金融危機しかありません。

 

東京オリンピックも今年の開催はもう実質的に無理です。

2年後の2022年に延期するしかないと思いますが。

1日も早く延期の発表はした方がいいでしょう。

そうでないと、日本市場はオリンピック完全中止という爆弾を怖れて上がることができなくなります。

もし、本当に予定通り今年の7月に東京でオリンピックをするのであれば、選手村がちょうどクルーズ船のような状況になることは覚悟しなければなりません。

たぶん、欧米の選手たちは来ないのではないかと思います。

とすると、日本と中国でメダルを奪い合うというなんとも淋しいオリンピックになってしまいます。

金融危機が起きない限り、オリンピック延期発表での一段下げがあく抜けになってくれると思います。

 

今日は個別銘柄が非常に強く始まりましたが、引けにかけて日経平均が急落するに連れ、値を崩すものが多くなりました。

今日も朝寄り付きで大きく買い増した1357に助けてもらって、含み益は多くなったという一日でした。

FRBの超強力な金融政策発表にもかかわらず今夜のニューヨークダウが下落するのであれば、金融危機の到来を考えなければいけなくなるでしょう。

今夜のニューヨークダウは非常に重要です。

                     (3月16日16時30分)

 

 

 

 

昨夜のニューヨークダウは、2997ドル!安の20188ドルで終えました。

史上最大の大暴落です。

日経平均も14000円に向かうのは覚悟しなければいけないかもしれません。

 

私はさいわい1357をたっぷり買い増ししましたので、今日は13日の買い値を下回ったもの、その中でも厳選して、恐慌でも強い会社を買っていきたいと思っています。

大暴落はチャンスだというのが私の考えですので。

かなりワクワクしています。

                (2020年3月17日 午前6時50分)

 

 

 

 

現在の日経平均は、294円安の16707円です。

今日は大暴落を期待して、多くの銘柄の下値に買い注文を入れていたのですが、ちょっと下すぎて買えたのは、マルハニチロの1861円だけでした。

個別銘柄、どれも強すぎです。

ファーマフーズも9%を超える上げになっていますね。

安く追加買いするつもりだったのですが。

マルハニチロが予定数の6000株になったので、それだけはよかったです。

原油安メリット株を狙うべきですから。

                  (2020年3月17日午前9時40分)

 

 

今日は、新たに原油安メリット株として、遠州トラックと鴻池運輸を買いました。

原油安相場はこれからも続くでしょうし、実は日本経済にとっては原油の暴落は非常にメリットがあるのです。

その恩恵をフルに享受する銘柄を買うべきでしょうね。

稿を改めて、原油安テーマを書いてみたいと思います。

                     (3月17日午前10時25分) 

 

 

いまの原油暴落は、減産合意にロシアが応じなかったためサウジアラビアが怒って増産に踏み切ったことから起きました。それで、ロシアとサウジの喧嘩だと思われていますが、実は、ロシアとサウジには共通の敵がいて、それは米国のシェールガス企業です。減産して原油価格を上げると、米国シェールガスが増産してしまうので、結局価格が上がらない構造になっているのです。

サウジが増産に踏み切った背景には、米国シェールガス潰しの思惑があります。

ということは、ロシアとサウジと米国という、原油産出量トップ3の国の三つ巴の争いです、トランプはシェールガス企業への援助を表明しました。ですから、サウジがもくろむシャールガス企業潰しは成功しません。三すくみの構造ですから、原油安はこれからも続くでしょう。

原油安は、すべての原油を輸入に頼る国、特に日本には大きなメリットとなります。

原油の価格が経済に与える影響は非常に大きいものがあります。

原油暴落を大きな追い風にする企業はこれから伸びるはずです。

 

ただ、コロナウイルスが蔓延している状況では、いくら原油安メリットがあると言っても、空運や海運はそれ以上のマイナス要素があります。

むしろ、原油安とともに、巣ごもり消費というテーマにも合うものを厳選したほうがいいですね。

 

ポジトークになりますが、私のお薦めする2銘柄は

まず、マルハニチロです。

水産会社なので漁船を多く抱えています。最新の遠洋漁業船も先月できました。船はおそろしく重油を消費します。原油高の時に、漁師の廃業が相次いだのはそのせいです。

ですから、マルハニチロにとっては、原油の暴落は大きな追い風です。

また、マルハニチロは、冷凍食品や缶詰でもトップ企業の一つです。

休校や巣ごもりで、冷凍食品の売り上げは絶好調ですし缶詰も飛ぶように売れています。魚肉ソーセージなどの保存食も買う人が増えています。

マルハニチロにとっては大きな追い風が2つも吹いているようなものです。

 

次の銘柄は、遠州トラックです。

Amazonの配送を受託しています。

巣ごもりによって、店に行かずにAmazonなどで買う人が増えています。

大手運送会社がやめたところにAmazonとタッグを組んできて、幹線輸送だけだったのが宅配もし始めました。Amazonの取扱量を考えれば、これから非常に伸びる会社だと思います。

もちろん、運送会社ですから、原油安のメリットは非常に大きいです。

                      (3月17日14時40分)

 

 

 

今日の日経平均は、9円高の17011円で終わりました。

日経平均はプラスとマイナスを行ったり来たりしていて最後ほとんど変わらないところで終えたというのは、気迷い相場ということでしょう。

ニューヨークダウの2997ドル安を見せつけられれば、上か下かきめられないのもわかります。

しかし、個別銘柄はどれも抜群に強いですね。

ブルとベアを組み合わせていけば、なかなか面白い相場です。

すでに、リーマンショック並みかそれ以上と言われ始めました。

10年に一度の大暴落ですから楽しみたいですね。

                  (2020年3月17日15時25分)

 

 

 

現在の日経平均は、141円高の17152円です。

昨日のニューヨークダウは1048ドル高と大きく上げました。

私の持ち株はどれも堅調です。

ウルトラファブリックスもやっと強くなってきています。

合成皮革は石油から出来ていますから、ウルトラファブリックスも原油安でメリットがあります。

                 (2020年3月18日午前9時45分)

 

 

 

 

 

id:mariy22  

ショーシャンクさん こんにちは 毎日の日経の乱高下見てると疲れます。 マルハニチロ私もinしてみました。 アメリカは食料品の争奪で棚から消えてますし 日本は、そこまでないとは思いますが国産の野菜は高騰するかもしれません。 海産物も海外からの物もありますし、コストの安い缶詰は家計には助かる一品という訳で伸びるのではと思い買いました。 原油価格が安いのは追い風ですよね!
 
 
まりさん、こんにちは。
冷凍食品や缶詰の会社はいいと思いますよ。
もし日本でも非常事態宣言が出れば、スーパーの冷凍食品や缶詰類は棚からなくなるかもしれません。人間、最後の最後は食べ物ですから、食べ物の会社は強いでしょうね。
 
買っておいた5G関連もどれも値を飛ばしています。
今日は、新しく、5G関連で唯一下落していた9702アイエスビーを買いました。
なぜ、5G関連が暴騰している日にアイエスビーだけが下落しているのか、わかりませんが、非常に大きく買いました。
                  (3月18日14時13分)
 

 

急に崩れ始めましたね。

これは、次の波が来るのでしょうか。

1357は必ず同額持っていた方がいいですね。

                  (3月18日14時35分)

 

 

今日の日経平均は、284円安の16726円で終わりました。

昨日のニューヨークダウが1000ドルを超える上げでしたので、これで底打ちとみた人たちが寄り付きで買うケースが多かったと思います。

現金100%だと、こういうときに乗り遅れまいとして買いに殺到してしまうので、高値づかみになることが多いです。

私は高くなった株は原則買わない主義なので、ほとんどの株が上げている今日は静観していましたが、前からチェックしていたアイエスビーがなぜか5G関連で唯一下落していましたので買ってしまいました。

買った後、日経平均が急に崩れ始めて、アイエスビーは大きな含み損になっています。

ただ、アイエスビーは業績絶好調ですし、私は5Gの本命とも思っていますので、悔いはありません。日経平均が落ち着けば相当上げていく株だと思っていて、これからも買い増ししていきます。

 

今日は日経平均が強かったため、底打ち感がかなりありました。

私も何度も、1357を手放そうと思ったこともありましたが、お守りとして置いておいて本当によかったです。

ニューヨークダウ先物を見ていると、明日の日経平均は暴落しそうです。

アイエスビーも暴落しそうですが、安いところを買っていって、私の新たな主力銘柄に育てていきたいです。

                  (3月18日15時50分)

 

 

 

昨夜のニューヨークダウは、またまた暴落して1338ドル安、とうとう20000ドルを割って引けました。場中にはサーキットブレーカーが作動していました。

日経平均先物はその割には強いです。

ドル円が上がっていること、そしてまだ非常事態宣言が出されていないことが強みとなっているのでしょう。

ここまで下げたのですからある程度のリバウンドはすると思いますが、世界中が混乱していますしやはりまだまだもうひと波暴落が来てもおかしくないですね。

このままの状態で行けば、世界中で会社の倒産が相次ぐでしょうし、米国以外から資金が流出していますから脆弱な国のデフォルトもレバノンに続き起きそうです。

日本では楽観論も出てきていますが、ここは正念場です。極めて慎重に行って、そしてこの騒動のあとに来る凄まじいリバウンドを取れるようにしたいと思います。

いま、かなりの銘柄を買っています。

ここ最近、個別銘柄は上げていますので、含み益も大きいです。

今日は、多くの株を利確していき、銘柄数を数銘柄または1,2銘柄に絞っていきたいと思います。

財務の健全性、成長力、割安性、テーマ性、これらすべてを徹底して研究し、今後、超絶な暴落が来たとしても、買い下がり続けられる銘柄に絞っていきます。もちろん、1357は手放しません。

ダウに比べ、日本株は非常に強いですが、このまま一直線に24000円まで回復するわけはありません。

さらなる暴落に備え、銘柄を徹底して絞っていきます。

最終的には、最も信頼できる、1~2銘柄に絞りたいと思います。

                (2020年3月19日午前6時50分)

 

 

今日は寄り付きは非常に高かったので、あらかじめ書きましたように、ほとんどの銘柄を売りました。

明日から3連休ということもあり、この3連休に世界のどこかで金融不安のニュースがあると大変なことになりますので、いったん、利益を確定しました。

底値で買えたものが数多くあり、利益はかなり多いものとなりました。

この、10年に一度の大暴落で利益を出すことができたので満足しています。

 

そして、これからの相場の勝負銘柄を1銘柄に絞りました。

まだまだ、買い集めたいので、引け後に書きます。

この1銘柄と1357を同じだけ持って、これからの相場に臨むつもりです。

                (2020年3月19日午前9時48分)

 

 

今日、思いのほか安くなってくれたのでかなり買い増しできました。

私がこれからの相場で勝負する銘柄は、9702 アイエスビーです。

いま、1343円です。時価総額68億円です。

なぜ、この銘柄に絞ったのか、稿を改めて書きます。

ただし、これからさらなる暴落は必ずあると思っていますので、1357を同額持っています。

               (3月19日午前10時30分)

 

 

ねこまる (180.199.194.7)  

ショーシャンクさん、こんにちは。 1銘柄に絞るということで、間違いなくファーマフーズだと思っていました。 イタリアのコロナウイルスは、武漢コロナウイルスから変異し、猛毒化しているそうです。この週末も悪材料が出てきそうですね。。

 

 

ねこまるさん、こんにちは。

ファーマフーズはさきほど、あまりにも安くなっていたので、思わず買いました。

これで、銘柄はアイエスビーとファーマフーズの2銘柄です。

他にも買い戻したい安くなっている銘柄がいっぱいあります。

抑えるのが大変です。

               (3月19日14時17分) 

 

 

 

今日の日経平均は、173円安の16552円で終わりました。

寄り付きが高く、引けにかけて崩れるパターンが続きます。

あらかじめ書きましたように、今日は多くなりすぎた銘柄数を絞るために

寄り付きでかなり売りました。

アイエスビーに絞ったのですが、後場ファーマフーズを買い戻して、2銘柄に絞った結果となりました。

日本株はある程度強さが戻ってきましたが、米国株など海外が下げ止まりません。

いつ金融不安のニュースが出てもおかしくない情勢ですので、こういうときは銘柄の幅を広げずに1,2銘柄に絞ったほうが管理しやすいのです。

また、乱高下が続く市場では、利益はこまめに確定していくのが安全です。

明日からの3連休に金融不安ニュースが流れなければいいのですが、万一を考えて、利益確定としました。

                  (3月19日17時30分)