金価格 初の7千円突破

 地金大手、田中貴金属工業(東京)は22日、金を1グラム当たり前日比64円高の7001円で販売し、国内の小売指標価格として初めて7千円を突破し、2日続けて過去最高値を更新した。

※※※※※

 

 

金価格が最高値を更新しています。

銀はこの数日間、暴騰してきています。プラチナもそうです。

 

背景には、米国を始め、世界中の国で空前の金融緩和、量的緩和をしていることにあります。

貨幣価値の毀損が起こっています。

上の記事では、コロナの影響で安全資産に逃避していると解説しているのですが、全然違います。

安全資産に逃避しているのであれば、株は騰がるわけないのです。

そうではなく、貨幣が世界中に溢れかえってきていて、貨幣価値の毀損が起こり始めたのです。

貨幣と相対する金・銀・プラチナの相対的な価値が上がり始めたのです。

                 (2020年7月22日午後12時10分)