金価格、2000ドル台に乗せる

 【ニューヨーク時事】4日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、世界的に景気回復が遅れるとの懸念などから買われ、終値は前日比34.70ドル高の1オンス=2021.00ドルと、8日連続で史上最高値を更新。終値で初の2000ドル台に乗せた。

※※※※※

 

 

金・銀・プラチナの価格が上がり続けています。

米ドル通貨供給量がこれほど膨れ上がっているのですから、当然です。

 

米国のマネーサプライとゼロ金利だけでも金(ゴールド)が高騰するには十分なのですが、もしこれから米中間で軍事的な緊張が起きれば拍車がかかります。

 

南シナ海人工島爆破のシナリオを見越して、株のほうのポートフォリオも構築し始めています。

                  (2020年8月5日正午)