中国が国家備蓄拡大へ

中国は2021年から始まる次期5カ年計画で、原油と戦略的金属、農産物の国家備蓄を拡大するよう求める。協議に詳しい複数の当局者が明らかにした。

 次期計画の策定に関わる当局者によれば、中国は新型コロナウイルス危機や米国ならびにその同盟国との関係悪化という教訓に留意することを望んでいる。世界最大級であることがほぼ確実な中国の国家備蓄が、国内経済を損ねる恐れもある供給の乱れに耐えるのに十分な規模であることを確実にするという。慎重に扱うべき情報だとして匿名を条件に当局者は話した。
 エネルギーや食料安全保障を巡る中国の懸念緩和が新たな購入計画の焦点になると当局者は述べた。
 所管する国家発展改革委員会(発改委)にファクスでコメントを求めたが、返答はなかった。
               (Bloomberg  2020年9月10日)
 
 
来月、中国の次期五カ年計画が発表されます。
この記事によると国家備蓄を拡大するようです。
この中の戦略的金属とは主にレアメタルのことを指すのでしょう。
もう少しするとアサカ理研の出番があるかもしれません。
               (2020年9月10日21時16分)