GDPの2%へ

菅首相となって、どうなるか、ですが、やはり最も確かなのは、防衛費を増大させるはずだということです。

下の記事は、2年前の官房長官の時の発言ですが、これを見ると、やはりGDPの2%まで引き上げる気ですね。

アメリカ側も、トランプと安倍首相の親密さであまり強硬にしないようにしてきたと思いますが、それが外れた今は、かなり強く迫ってくるでしょう。

 

 

防衛費「GDPの1%枠
ないと考えている」官房長官

官房長官は午前の記者会見で、防衛予算について、GDP=国内総生産の1%程度で推移してきたのは事実だとする一方、今はGDPの1%枠というものがあるわけではないという認識を示しました。

年度ごとの防衛費について、政府は昭和51年に、GNP=国民総生産の1%に相当する額を超えないようにすることを閣議決定しましたが、その10年後には、1%枠を適用しないことを閣議決定しています。

官房長官は午前の記者会見で、防衛予算について、「GDPの1%程度で推移してきたのは事実だが、現在は1%枠というものがあるわけではないと考えている」と述べました。

また、自民党が提言で、NATO北大西洋条約機構が目標としている、GDPの2%を日本も参考にすべきだとしていることについて、「防衛費の在り方は、必要な装備品という要因と、外的要因の双方を踏まえる必要があり、現在、NATOの基準に合わせるという方針を固めたことはない」と述べました。