洋上風力発電と水素エネルギーに活路

「脱炭素化を加速化すれば、コロナ後の経済復興も加速化できるはず」

この流れに従って、すでに欧州を中心に各国は再生エネルギーへの投資を活発化している。

だが、日本はこの流れから「周回遅れ」になってしまっているのが現状だ。

「洋上風力発電」と「水素エネルギー」に活路

世界的な潮流にも乗ったうえでの日本の「巻き返し」の可能性はないのだろうか。

 

岡田氏が挙げるのは「洋上風力発電」と「水素エネルギー」という2つの分野だ。

このうち、前者は欧州やアジア各国などが力を入れている分野だ。

欧州は2030年までには大規模な火力発電所数十基に相当するエネルギーを産出する計画がある。

アジアでも、中国や台湾、韓国などがこぞって高い計画目標を掲げる。

残念ながら日本では現在のところ、具体的な政策目標はない(2020年中にも「洋上風力産業ビジョン」として公表される見通し)。

だが、可能性がないわけではない。国土面積が狭い日本だが周りには広大な海がある。

しかも洋上風力発電は1件当たりのプロジェクトが数千億円と巨額だ。

「風車だけでも1万~2万の部品を要し、20年間きちんと動かし続ける必要性がある。洋上風力発電は新幹線のように技術立国としてトライすべきテーマだ」(同)。

 

もう1つは、水素エネルギーだ。

世界が2050年の「二酸化炭素排出実質ゼロ」を目指すには再生エネルギーを生産するだけでは達成は難しく、再生可能エネルギーを貯めて有効に使う技術も必要とされる。

そこで注目されているのが水素エネルギーだ。

すでに欧州は今年6月、コロナ後の復興戦略の目玉として、大規模な「水素戦略」を打ち出した。

2030年に再生可能エネルギー由来の水素を年間1000万トンも製造するというものだ。

この分野での日本の2030年の目標は年間わずか30万トン。

日本でも燃料電池自動車の開発などに見られるように、水素エネルギー関連については豊富な技術を持つはず。この分野で確固たる地位を築けるのだろうか。

                     東洋経済 会社四季報センター)

※※※※※

 

 

この記事にあるように、確かに日本にとって起死回生の一手は、洋上風力発電と水素エネルギーだと思います。

 

日本において、地上の風力発電は、強い風がいつも吹いているという好立地は既に開発済みですし、もうあまり開発の余地はないのです。

しかし、四方を海に囲まれている日本にとって、洋上風力発電はこれから最も伸びるであろう自然エネルギーです。

しかし、この記事にあるように、洋上風力発電は1件数千億円とも言われる巨額な資金が必要です。

どうしても国と民間のタッグが必要となるでしょう。

そのプロジェクトには何より立地選定調査の正確性が重要となります。

ここで、地質調査会社のNO.1である応用地質が活躍していくと考えています。

 

次に、水素エネルギーですが、これは実は再生可能エネルギーと密接な関係があるのです。

蓄電池の代わりに、発生した再生可能エネルギーによって水から水素を作り出し、その水素を貯蔵して燃料として使う方法があります。

技術開発によっては、蓄電池よりはるかに効率的な利用法になるはずです。

この水素の生成に画期的なイノベーションを起こそうとしているのが山王の水素透過膜ですので、私はこの技術に大きな期待をしています。