12月1日(火)

今日は、日経平均、また強さが戻ってきました。

どんどん上がっています。

いまは、368円高です。

保有銘柄も高いものが多いです。

NPC、アサカ理研、山王、エヌエフ回路と高く、NTNも今日は大幅高です。

住友林業もいまプラテンしました。

しかも、大幅に下落し続けていた1540純金信託まで今日は高くなっています。

 

日経平均が強いので1357ダブルインバースの含み損はいまで181万円まで拡大してます。

                (2020年12月1日午前10時5分)

 

 

後場に入っても、全体的にどれもこれも強いですね。

 

ところで、今日、脱炭素、環境銘柄の本命はこの銘柄ではないかという会社を見つけました。

なぜか、全く上がっていません。

25日移動平均線はおろか、5日移動平均線も下回っていますし、

月足で見ると底値圏です。

業績は悪くないですし、PERもPBRも割安です。

ある分野では世界的な企業です。

この銘柄を集中的に買い進むことにしました。

いま、保有銘柄数がかなり多くなっています。

NPCアサカ理研、山王のコア3銘柄を残して、他の銘柄は少しずつ売り上がっていき、その銘柄にシフトしていきます。

最終的には、その銘柄とNPCアサカ理研、山王の4銘柄に絞りたいと思います。

それほど、その銘柄は、これからの世界を予測すると魅力的に私には見えます。

                (2020年12月1日13時50分)

 

 

今日は、日経平均は353円高で引けました。

NPCが87円(11%)高の815円と大幅高しました。

アサカ理研も山王も上がりました。

 

先ほど書いたように、自分としてはかなり期待が持てる銘柄が見つかりましたので

今日高くなっていた応用地質、住友林業、NTNなどを利確しその1銘柄にシフトしました。

まだ予定数買えていないので、明日以降もなるべく安く買いたいと思います。

売りはしましたが、住友林業や応用地質、NTNは非常に有望な銘柄です。

これからも、再生可能エネルギーセクターが盛り上がる限りどんどん上がっていくでしょう。

ただ、それ以上に、新しい銘柄がまだ全く上がっていないどころか、ここ何ヶ月かの間でも最安値近辺にありますし、誰も再生可能エネルギー関連と考えていないようですので、とても割安放置に見えました。

もちろん、万年割安銘柄というのは存在しますし、それは割安なだけでずっ放置されるのですが、この銘柄はこれからの世界的な展望が凄いと思いました。間違っているかもしれませんが。

それなので、NPCアサカ理研と山王以外は、高くなったら利確してその銘柄にシフトしていくつもりです。

 

今日、利確した銘柄が多かったので、含み益が確定利益となったため、大きな含み損であった1357ダブルインバース、そして1540純金信託を全部売って、同じ金額買い戻しました。

これで利確した確定利益を1357と1540の確定損失によって減らすことができます。220万円以上減らせました。

新たな1357の買値は524円、1540は5703円です。

                   

                   (2020年12月1日15時28分)