エヌエフHD

エヌエフ回路設計ブロックは、この10月からエヌエフホールディングスとなりましたが、エヌエフの凄さを書いてみます。

私は、3年前にEⅤ大相場が来ると予見して、EⅤ関連銘柄としてエヌエフ回路設計ブロックを買ったことがあります。

その後、量子コンピュータの中核銘柄として値を飛ばしました。

このようにEⅤ関連でもあり、量子コンピュータの中核銘柄でもあり、そして国策である蓄電システムのトップシェア企業でもあります。

 

エヌエフ回路設計ブロックのホームページにはこうあります。

 ↓↓↓

計測・制御の独創技術で未来のテクノロジーを支えます。

スマートグリッド小惑星探査機 『はやぶさ』 etc …

 

当社は、最先端の研究開発を支える 【電子計測器】 や 【電源機器】 などのメーカーです。

 

当社製品が支えるのは、電気自動車・デジタル家電といった最先端製品の開発から、
再生可能エネルギー利用拡大のカギを握るスマートグリッドといった、 “未来のテクノロジー” の研究まで。

 

そんな製品を生み出すキーワードは、『技術力』。 研究開発型の企業です。

 

        エヌエフの魅力はここ!

家電も、宇宙も、未来のテクノロジーも。研究開発を支えています。

当社製品の一番の特徴は、最先端の研究開発シーンで使われること。
そのため、なかなか皆さんの目に触れませんが、たとえば、

 

  • ナノテクノロジーの研究開発などで使われる、
    雑音に埋もれた信号の中から微少な信号を検出する計測器

 

  • 電気自動車・ハイブリッド車の研究開発などで使われる、
    多種多様で高品位な電力を供給する交流電源

 

 

  

当社製品のユーザーは、最先端の研究開発を行っている

企業/大学/研究機関の、技術者/研究者の方々。    

                     

 このように皆さんの快適な生活の陰で重要な役割を果たしているのが当社製品なのです。

 

独創的な高い技術力。高性能・高機能の追求が私たちの使命です。

当社製品は研究開発の過程で不可欠なものだけに、

企業/大学/研究機関から、日々、課題解決のための相談が寄せられます。

 

この課題解決に永年協力してきたことで、当社は、

技術者/研究者の方々から 『技術のエヌエフ』 として高く評価されています。

 

この課題解決を実現する力の源が、強みのアナログ技術と最新のデジタル技術や
ソフトウェア技術を融合した、高精度な計測・制御を実現する独創的な高い技術力です。

 

さらに当社は、その高い技術力を活かして、

高性能・高機能、高付加価値の “ものづくり” を追求しています。

 

たとえば、世界に一つしかない、当社製以外は存在しない製品も多数あり、
高付加価値製品の典型といえます。

 

研究開発型企業。技術者として技術力を高められる環境があります。

当社は、従業員の約7割を設計・開発/技術営業といった技術系の職種が占める研究開発型企業。

 

それだけに技術者のための育成体制・設備などが充実しており、

技術者として技術力を高められる環境があります。

 

なかでも一番のポイントは先輩が後輩に教える風土。

 

先輩の中には、学会誌への論文掲載や技術専門誌への執筆を行っている先輩も!
技術の話が大好きな先輩方があなたを待っています。

 

また全般的にも、東証JASDAQ上場企業として、安定した財務体質と高度のコンプライアンスを誇る
企業体制であり、広い意味でも “ものづくり” に専念できる環境となっています。 

  

        エヌエフをさらに詳しく!

事業の特色1. 4カテゴリーの製品群が、幅広い分野の研究開発を支えています。

当社には、【電子計測器】 、 【電源機器】 、 【電子部品】 、 【カスタム応用機器】 の、
4カテゴリーの製品群があり、先端エレクトロニクス、環境エネルギー、ナノテクノロジー
航空・宇宙など、幅広い分野の研究開発を支えています。

 

製品群の幅に対応して、技術領域の幅も持ち合わせています。
電子回路設計でいえば、アナログも、デジタルも、パワーエレクトロニクスも、微少信号も・・・
もちろん、ソフトウェア設計、機械設計でも同様です。
それぞれの領域で技術が何より好きなベテラン技術者が活躍しています。

 

事業の特色2. 多数の一般企業、そして、大学や研究機関でも活躍しています。

たとえば、【電子計測器】 は、研究開発の過程で物質/現象の特性を測るために

不可欠なもので、使用シーンが非常に多岐にわたる製品です。
そのため、過去5年間だけでも当社電子計測器が納品された企業団体の数はなんと約3,500。

 

皆さんが必ず知っている、自動車・家電メーカーも、

電力・鉄道などの社会インフラ関連企業も多数にのぼります。


さらに一般企業のみならず、大学や研究機関での使用例が多い点も当社製品の特徴です。

 

事業の特色3. 「特注品」の設計・開発も数多く行っています。

当社製品には、「標準品」と「特注品」の2種類があります。
「標準品」はカタログに掲載して継続的に販売する製品で、売上の約7割を占めます。
そして残りの約3割を占めるのが「特注品」。

 

お客様の様々な課題・問題に合わせて一品一品設計・開発する特注品の割合が
約3割にも達するのも、課題・問題を解決できる技術力があればこそ。
ここにも高性能・高機能、高付加価値な “ものづくり” という当社の特徴が表れています。

 ※※※※※

 

 

量子ビット化の研究を支える

エヌエフの低雑音信号処理技術

 量子コンピューティング展示コーナー

第1回「量子コンピューティングEXPO」10月28日(水)〜30日(金)に出展しました。

 

展示紹介ムービー

量子コンピュータ向け低雑音信号処理ソリューション
量子アニーリング方式コンピュータシステムにおいて、超伝導素子の制御や信号検出を高精度に行うために必要な「低雑音システム」をご提案します。マルチチャネルで、多量子ビットの評価にも対応可能です。
    低雑音システムにより、
  •  素子特性のばらつきが低減
  •  多量子ビット化に対応
パネル

量子ビット制御用信号源
マルチチャネル低雑音任意波形発生システム
量子アニーリング方式コンピュータシステムにおいて、量子ビットを制御するための信号源です。1 ユニットあたり16 チャネルで、最大128 チャネルまでのシステムの構築が可能です。低雑音なので多量子ビットの制御に最適です。
  •  最大128 チャネルの任意波形信号を同期出力
  •  チャネルごとに任意の波形を設定可能
  •  チャネル間スキュー 50 ns以下
  •  アナログ線形補間回路により、高いリニアリティを実現
  •  低雑音設計を追求
         ・差動信号出力によるコモンモード雑音の低減
         ・光通信(光ファイバ使用)を採用し、PC経由の雑音を遮断
         ・低雑音リニア電源の採用により、電源経由の雑音混入を低減
パネル

極低温下の低ノイズ計測用
クライオスタット用 DUTホルダ
ジョゼフソン素子などの超伝導バイスを液体ヘリウム(4.2K)などで冷却して測定するためのロッドです。徹底したノイズ対策により、安定した測定・評価に対応します。
  •  信号ピン60ピン、差動で30信号(カスタム対応可能)
  •  特殊配線の採用により、コモンモード雑音を低減
  •  内部を3区画に分割してあるので、配線間のクロストークを抑制した活用が可能
  •  液面とDUTが水平で、DUTの温度が均一
  •  スプリングプローブの採用により、安定したコンタクトを実現メンテナンスも容易
  •  水平器と筒状の目盛りにより、水平度と深さ方向を管理してロッド挿入が可能
  •  磁気シールド缶(強磁性材:パーマロイ)装着可能
  •  温度センサ内蔵(非磁性対応可能)
パネル

微小信号計測ソリューションコーナー 製品紹介
マルチチャネル低雑音増幅システム 製品紹介ページ
精密低雑音電圧源 LP6016-01/LP6016-01P 製品紹介ページ
超低雑音増幅器 SA-200シリーズ/SA-400シリーズ 製品紹介ページ
ディジタルロックインアンプ LI5600シリーズ  製品紹介ページ
ロックインアンプモジュール 
ディジタルロックインアンプの心臓部をモジュール化
  •  2位相検波    2チャネル    広帯域 1Hz~1MHz    分数調波測定
パネル

ロックインアンプモジュール