正興電機も水素関連

塩分濃度差を利用した水素製造の実用化に向けて

2020年7月31日

株式会社正興電機製作所(本社:福岡県福岡市博多区 代表取締役社長:添田英俊)が共同研究体の一員として山口大学ブルーエナジーセンターなどと基礎研究を続けてきた「塩分濃度差を利用した水素製造法(RED-H2)」は、実用化に向けたステップとして福岡水素エネルギー戦略会議より令和2年度の製品開発支援事業に認定されました。水素製造に正面から取り組む研究である事を評価頂きました。

弊社は産学官共同で2016年に水と海水の濃度差で水素を作る技術の基本特性調査を開始し、2017年より高濃度海水から電力を得る濃度差エネルギー変換システムの研究を行ってまいりました。2018年には共同出願にて「逆電気透析を利用して水素を発生させる方法及び装置」の特許を取得しています。

再生可能エネルギーの中でも塩分濃度差発電水素(RED-H2)は天候や夜間に関係なく24時間発電が可能な発電システムです。また、水素はエネルギーをつくる際にCO2を排出しないようになります。未来のエネルギーとして中心的役割を担うことが期待されています。

水素の社会実装に向けたステップとして弊社は今回の認定で、水素量の評価・開発サポート・事業性の検討を進めてまいります。

今後もさまざまなステークホルダーとの協創を通じて社会貢献を続けてまいります。

──────────────────────────────
本件に対するお問合せ先:
(株)正興電機製作所 営業統括本部

※※※※※

 

いま、株式市場では、水素の保管・運搬の容器や機材、部品などのメーカーが値を飛ばしていますが、菅首相が掲げる脱炭素社会における日本の成長の源泉としての水素技術の本丸は、革新的な水素製造技術です。

いかに安く水素を製造することができるか、いかに限りある資源を使わずに水素を作ることができるか、いかにCO2を出さずに水素を製造することができるか、です。

 

この、革新的な技術を開発しているのが、山王であり、澤藤電機であり、この正興電機です。

正興電機も水素関連の本丸です。

               (2020年12月8日午前11時11分)