太陽光発電に補助金

太陽光発電、導入費用引き下げ促す 

環境省、来年度に補助金

 

 
 

環境省再生可能エネルギーの普及に向け、太陽光発電の導入費用の引き下げを促す。駐車場の屋根上のようなスペースを有効活用し、導入費用が国の基準額を下回る新設事例を対象にした新たな補助金を2021年度に導入する。20年度第3次補正予算案と21年度予算案に関連政策と併せて計約130億円を計上する。

計画策定費用は1千万円を上限に4分の3、設備導入は3分の1の費用を補助する。基準価格は経済産業省が示す最新の参考価格を採用する。

例えば2月の事業用の太陽光発電の導入費用の基準は50キロ~500キロワット規模で1キロワットあたり平均21万円だった。

                                                          (12月15日 日本経済新聞