コロナとワクチンについて

福川 (49.98.134.196)  

 

自分の科は、コロナで負担が減っている科、になります!
 
細谷に限らず、時代を先読みされすぎてて、ずいぶん経ってから時代が追い付いてきた銘柄、過去にも幾つかありましたよね。
 
そう言えば、今年3月頃の僕のコロナ予測よりも、同時期のショーシャンクさんの予測のほうが当たりましたね。
 
 

 

福川さん、了解です。

それにしても、コロナのせいで大病院は大変な状況のようですね。

こちらでも、大病院でのクラスターの発生のうわさやニュースが駆け巡っています。

 

福川さんにお聞きしたいのですが、株とは関係なく、コロナのワクチンについてどう思われますか?

私は絶対に打ちたくない派です。

そもそも、これだけ変異しているコロナウイルスに対して、ワクチンが効くのかという疑問があります。

少し前に見た数字では、すでに80種もの変異を遂げているとか。

また、アメリカやイギリスのワクチンが、人種の違う日本人に効くのかという疑問もあります。

効くとしても副作用が相当強いのではないかと思います。ワクチンの性質上仕方ないことだと思いますが。

そして最も怖ろしいのが、開発期間が1年未満ということです。

これらのことから、絶対にワクチンは打ちたくないのですが、もしどうしても打たなくてはならない状況になった場合、どのワクチンがいいでしょうか。

ファイザーなのか、モデルナなのか、アストラゼネカなのか、あるいはアンジェスなどの日本のワクチンを待つべきなのか、どうなのでしょうか?

 

 

また、イギリスで変異したコロナウイルスによって感染が急拡大しているようです。

日本は、GOTOトラベルによって、全国津々浦々にコロナがばら撒かれてしまいました。

 

福川さんは医師としてコロナが来年どうなっていくと思われていますか? 

 

 

 

福川 (1.75.230.55)  

仰る通りで、まだ観察期間の極めて短い得たいの知れないワクチンを体内に射つ事に関して、人はもっと慎重になるべきだとは思います。
特に中国共産党が推奨する中国製ワクチンとか、もう冗談の世界にすら思えます。
ただ、政府からは独立しているはずのFDAで一応認可を受けた今回のワクチンに関しては、自分は射っておきたいとも思います。
多少でも効いてくれるなら、ラッキーかな、という程度のものですが。
コロナに関しては、実に多くの感染症専門家がいろいろ言ってきましたが、誰も正確に今の状況(特に、これだけの規模のパンデミックになった点と、東アジア人の死者数の少なさ)を予測できなかった事を考えると、来年のコロナ情勢もまた、誰にも正確には予測できないのでしょうね。
 
今も毎日毎日病院には山のように高齢者がやってきます。
5月頃に比べると予約キャンセルの電話件数は10分の1とかでしょうか。
コロナ慣れしてる高齢者が多いです。
昨日も夕方に喫茶店に行った時に、初対面らしきおじいちゃん同士が向き合いながらコロナについて熱く語り合ってました笑
もちろん、未だに極力外出自粛し、命にかかわらない慢性疾患なら放置する事に決めた高齢者のほうが、数は多いでしょうが。
恐らく今から地方でも、コロナ慣れしてきて遊び回る高齢者は少しずつ増えてくるんじゃないでしょうか。

 

福川さん、ありがとうございます。

そうですね。

今回に関しては、どのような人も正確に見通せた人はいないですね。

そして、来年のことは誰にもわかりませんね。

私はワクチンに頼らず、抹茶とペットボトルのお茶で乗り切ろうと思います(笑)

 

 

 

mariy22 (153.139.205.4)      

ショーシャンクさん こんばんは 最近特に考えてしまうのですが今私達かって経験しない変革時に生きているような気がします。
コロナ EV時代 水素エネルギー 太陽光 風力などの再生エネルギー等々未来像がおぼろげながら見えて来ました。
友人の日産アリアに乗せて貰いましたがエンジンの音が全くしなくて逆に静過ぎて運転するのが怖くなりました。
 
アサカ理研私もショーシャンクさんを追っかけて乗らせていただいてます。 昨年の日経新聞福島県いわき市「バッテリーバレー狙う水素や発電関連に期待」確かアサカ理研の電池回収もいわき市ですね。
又事業拡大するには複数社との協業が必要とHPにありましたが何処と協業するのか期待が膨らみます。
 
ワクチンなんですが海外で製造されたワクチンが日本人に投与された場合副作用がないのか気になります。
妹が風邪引いてアメリカの病気で注射して貰ったら効き過ぎて気分悪くなりそれから半分に注射液をしたそうです。
身長165センチ体重45キロで効き過ぎですから体の大きいアメリカの人向けの注射液なんでしょうね。 だからこそワクチン少し心配です。
 
 

まりさん、こんばんは。

アサカ理研はカリナン原石ですから、原石がダイヤの形を表わし始めたらどこまでの値が付くかわからないほどですね。

来年、欧州で鉛電池が禁止されるかもしれません。

欧州では、ずっと前から鉛などの有害物質を使わないということで、規制されていましたが、電池だけは、鉛の代替がないということで特例として規制対象外になっていました。

しかし、いま、リチウムイオン電池が鉛電池のシェアを逆転しました。つまり、鉛電池の代替が出てきたということです。

こう考えると、来年、2021年が規制を見直す年に当たるのですが、欧州で鉛電池が禁止される可能性があります。

欧州で鉛電池が禁止されたら、すぐ、アメリカのカリフォルニア州で鉛電池を禁止することでしょう。アメリカで最も環境問題で進んでいるのはカリフォルニア州でしょうから。

そうすると、世界の電池業界に激震が走ります。

リチウムイオン電池に雪崩をうって切り替えてきます。

そうなると、ニッケルやコバルトなどリチウムイオン電池材料が足りなくなります。

その時期に、アサカ理研リチウムイオン電池再生事業が立ち上がります。

オンリーワン技術を持っていますから、世界が注目することになります。

かなり壮大な未来が待っているように思えます。

ですから、カリナン原石です。

 

コロナワクチンに関しては、私はアメリカでもイギリスでも日本でも、やはり副作用は必ずあると思っています。

やはり、お茶ですね(笑)