アサカ理研は世界初オンリーワン技術

 ねこまる (1.72.3.78)  
ショーシャンクさん、こんにちは。
自分もアサカ理研へ1点問合せしました。
 
リチウムイオン電池レアメタルリサイクルについて、世界初と言っているが、同事業をしている企業がある点について、
「他社のリサイクル技術では、回収率と再生時の品質があまり良くなく、高品質が求められる車載リチウムイオン電池に再利用することができない。当社の技術は、車載として再利用できるという点で、世界に先駆けている(世界初)と言っている。」と仰ってましたが、
他社が一度リサイクルしたものを、アサカ理研に持ち込んだとき、純度を高め、車載に利用は可能ですか?
 
■回答
 
まず質量について、他社がリサイクルした時に、元の電池から回収できた量以上に、再生することはできない。それは新たに生み出していることになるので、それは無理です。 品質という点については、純度を高めることは可能です。ただし、例えば他社が元の電池から8割回収した場合、その純度を高めるため、例えば6割となる、純度を高めた分、量が減るのは起こります。そこに足りない残りの4割分の材料を用意できれば、改めて、車載用リチウムイオン電池に再利用が可能です。
 
以上です。
 
アサカ理研に持ち込むことで純度を高めることが可能ということは、すべてアサカ理研にお願いした方がいい、都市鉱山として重要な技術だと思います。

 

 

ねこまるさん、こんにちは。

これは凄い情報です。

アサカ理研を買っている人も知らない人が多いと思います。

つまり、車載リチウムイオン電池のリサイクルで世界初オンリーワン技術だと言うことです。

車載リチウムイオン電池は高品質が求められるが故に、アサカが到達した技術でないとその要望に応えることができない、ということです。

つまり、車載リチウムイオン電池のリサイクル市場を独占できると言うことです。

 

これにより、どうして、アサカ理研が現状の経常利益の30倍もの業容変貌することを自信満々に宣言できたか、という理由が明らかになりました。

 

これから、車載リチウムイオン電池の市場は膨大なものとなります。

そのリサイクル市場は環境問題が叫ばれる中で急成長する市場です。

そこを独占できる技術確立というのは、これこそカリナン原石です。

                (1月21日14時18分)

 

 

 

 

ねこまる (1.79.88.227)  

ショーシャンクさん、ありがとうございます。
アサカ理研が、粗悪なレアメタルを純度を高めて高品質なレアメタルに変化させるというのは、文字通りカリナン原石を自ら生み出せる会社であると感じました。
アサカ理研にとって見れば、他社のリサイクル処理は大事な資源を捨ててしまう行為のようだと思います。
他社が回収できなかった残りは完全に廃棄されるでしょうが、それさえも、アサカ理研に渡した方が、環境の為ですね。
他の中途半端なリサイクル業者は、次第に淘汰されていきますね。
それこそ、現在、中国がレアメタル資源供給を独占していますが、アサカ理研の技術をもってすれば、中国外で高品質なレアメタルを生産できます。
まさしく、カリナン原石ですね。 ショーシャンクさんが仰ってたように、アサカ理研のIR担当の方は、電話で話してても、非常に自信に溢れてるように感じます。
これからレアメタルは益々逼迫しそうですし、注目ですね。
ありがとうございました。
 
 
 

ねこまるさん、

アサカ理研が説明会の時に示した自信に満ちた業績予想の理由が徐々に明らかになってきましたね。

 

車載リチウムイオン電池⇒車載リチウムイオン電池

というリサイクルは、高品質が求められるので、

アサカ理研の技術によってしかできないものだということです。

 

アサカ理研の工場増設などを見ても、これは一気に市場を制覇しようとしている動きです。

実際に、車載リチウムイオン電池のリサイクル市場は品質面から参入障壁が高いものとみていいでしょう。

そして、今までの情報からすると、アサカ理研は、車載リチウムイオン電池リサイクル市場をまず間違いなく制覇するでしょうね。

アサカ理研は会社として、ここに特化していっています。

経営資源を集中させようとしています。

これは経営戦略からすると大正解です。

勝つ企業は必ず兵力を集中させます。

特に、アサカ理研が狙いを定めた車載リチウムイオン電池市場は、これからとんでもなく成長する市場です。

この特許によって、世界進出も視野に入ります。

世界中のリサイクル企業に特許技術を使わせるだけで、莫大な特許料が入ってくるでしょう。

アサカ理研は可能性に溢れていますね。

                (2021年1月21日17時35分)

 

 

 

 ねこまる (180.199.140.31)  
ショーシャンクさん、さすがです。
他のレアメタルのリサイクル意欲について、ネガティブな情報かなと思い、伏せていましたが、IR担当と電話で話した時に、
ネオジムやジスプロシウムの価格高騰について、どのように思いますか?リサイクルしないのですか?」と聞いたときに、
「電動車のモーターに、添加剤としてネオジム・ジスプロシウムは確かに使用します。しかし、自動車1台あたりで見ると、使用する量はかなり少ないです。それに対して、リチウムイオン電池に使用するリチウム・ニッケル・コバルトは、1台あたりに使用する量が、かなり多いです。その点からも、弊社はリチウムイオン電池レアメタルリサイクルに全力で取り組んで行きます。」と教えて下さいました。
 
経営を1つに集中投入することは、未来を見誤れば、倒産しかねないリスクの高い行為ですが、 今回のアサカ理研の経営陣の判断は、とても正しいですね。
数年後、アサカ理研は世界中が注目してるでしょうね!
 
 
 

 

ねこまるさん、こんばんは。

経営資源、つまり、人(人材)、もの(建物や設備)、資金の3つを最も有望な市場でみずからの強みを存分に発揮できる分野に集中することは、会社を発展させるための鉄則です。

アサカ理研は、これからの世界で最も有望な車載リチウムイオン電池市場に的を絞りました。

そしてそこで圧倒的なシェアを取れるほどの高度でオンリーワンの技術を持っています。

その将来性は本当に凄いものだと思っています。

               (1月21日19時42分)