東京製鉄、上方修正!

 ねこまる (180.199.40.148)  
ショーシャンクさん、こんにちは。 鉄鋼銘柄、結局、正解を見つけれないままでした。。 最も確かな未来から、銘柄選定する能力は 養っていきたいので、 引き続き精進します。 東京製鉄、上方修正&増配ですね! おめでとうございます!! カーボンニュートラル、限りある資源を有効活用するためにも、 鉄鋼業が高炉から電炉に変わる未来を期待したいですね。

 

 

ねこまるさん、こんにちは。

東京製鉄、上方修正、超絶決算でしたね。

東京製鉄と大紀アルミは、循環型社会の旗手となりますから、期待大です。

 ↓↓↓

東京製鉄、通期の税引き利益予想を上方修正 190億円から280億円に

 

 

 

東京製鐵は22日、2022年3月期の税引き利益が前期比4.8倍の280億円になる見通しだと発表した。従来予想の190億円(前期比3.2倍)から上方修正した。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスの237億2100万円を18%上回った。営業利益は前期比7.8倍の310億円(従来予想は前期比5.5倍の220億円)、経常利益は同6.4倍の320億円(従来予想は同4.4倍の220億円)、売上高は同93.7%増の2740億円(従来予想は同72.5%増の2440億円)と、それぞれ予想を引き上げた。QUICKコンセンサスは営業利益が268億2900万円、経常利益は273億4700万円、売上高は2518億1900万円だった。

東京製鉄は鉄スクラップを原料に電炉(電気炉)で建築、土木向け各種鋼材を製造、販売している。業績修正の理由について、同社の説明は以下の通り。

今後の見通しとしては、世界最大の鉄鋼生産国である中国において環境対策として生産抑制が行われるなど、海外の鋼材需給は引き締まった状態が継続すると見込まれる。国内においても、都市再開発や物流倉庫などの大型建築物件の出件により、来年度に向け鋼材需要は堅調に推移すると期待される。主原料である鉄スクラップ価格の高止まりに加えて、エネルギーコストや諸資材価格の高騰が懸念されるものの、販売価格の値上げを反映して、製品出荷単価が2008年以来の10万円を超える水準となる見通しとなり、利益幅がさらに拡大することが見込まれる。次第から、2021年7月21日公表の通期業績予想について見直しをする。

 

 

 

 id:owl22  
ショーシャンクさん、こんばんは。東京製鐵、決算凄いことになっていましたね。 過去の四季報を読んでいたのですが、 「技術開発部は社長直結」で、 今回の四季報では研究開発費が一億になっていました。 「12月末までに20億円上限に自社株買い」の予定も 先日10月19日に終わり、 「国際環境NGOから気候変動取り組みで最高評価」も過去に受けていました。 攻めの姿勢が良く見えました。 私は会社を見る目が全くないので、一つ一つが勉強です。今回吸収合併についてなどよくわかりました。今後もどうぞよろしくお願いいたします。
 
 

owlさん、東京製鐵、凄い決算でしたね。

資源や地球環境のことを考えると、これからは循環型社会になっていくと思いますし、今回のエネルギー危機でその速度は速くなると思います。

これからの銘柄選びには、循環型であることもひとつの要素かもしれませんね。

              (10月25日午前6時20分)