ヤマシンフィルタの第2四半期決算

ヤマシン―Fが22年3月期営業利益予想を上方修正

ヤマシンフィルタ<6240>がこの日の取引終了後、22年3月期の連結業績予想について、売上高を166億円から184億円(前期比26.1%増)へ、営業利益を15億円から17億円(前期1億4500万円の赤字)へ上方修正した。

主要得意先各社の生産活動の回復に伴う新車需要の急激な回復や稼働時間の増加により、上期の建機用フィルタが大幅な増収増益となったことに加えて、第3四半期以降の需要も引き続き高い水準で推移すると見込まれることが要因としている。なお、マスク生産設備のうち生産性が低く収益性の低下が認められた固定資産について減損損失を計上することから、最終利益は9億6000万円から7億5000万円(前期比0.1%減)へ下方修正した。

同時に発表した第2四半期累計(4~9月)決算は、売上高95億5600万円(前年同期比45.6%増)、営業利益8億8700万円(前年同期5000万円の赤字)、最終利益3億2800万円(同1億5200万円の赤字)だった。

出所:MINKABU PRESS

※※※※※※

 

ヤマシンフィルタが第2四半期決算を発表しました。

マスク事業で減損処理がありましたね。

そのため、いまは、PTSは33円安の683円になっています。

しかし、メイン事業の建機フィルター部門は絶好調です。

前期と比べて大幅高なのは当然ですが、第1四半期と比べても、急激に伸びているのが分かります。

建機フィルター部門の売上は、第1四半期が3752百万円に対し、第2四半期が4105百万円となっています。

建機フィルター部門の営業利益は、第1四半期が799百万円に対し、第2四半期が1052百万円となっています。

会社全体の営業利益は、第1四半期が341百万円に対し、第2四半期が546百万円となっています。

この伸びと、さらに為替が円安になっていることを考えると、最終的に通期は超絶になると考えています。

                   (11月4日18時54分)