もうすぐ12月ですが

 id:katsu0118  
はじめまして。 いつも情報分析が凄いなぁと感心しながら楽しく拝読させて頂いております。 少し前にアサカ理研の事をお話しされてたと思います。 前回の決算後に大幅安を付けていますが買い時かなと思ってます。 現在、自動車メーカー、電池メーカーを含む、大きなグループの形成に向けて交渉を継続して行っているとの事ですが、このグループ契約の締結がIRされた時は跳ね上がる予感しかないのですが、あなた様の見解など教えて頂いと思い投稿させて頂きました。

 

 

はじめまして。コメントありがとうございます。

アサカ理研ですね。

アサカ理研でコメントしたのは、9月11日に『安くなってくれたら、買い戻せるのにと言う感じです。』、10月4日に『岸田さんは、どうも株式市場からはあまり評価されていないようですし、岸田さんの政策を見てもアサカ理研や山王がいますぐ上がるような政策を打ち出してはいないので、本格的に上がるのにはもう少し時間がかかるような気がします。』と書いていますね。

まだ、アサカ理研は買い戻していません。

今見ると、1265円でかなり安くなっていますね。確かに、買ってもいい水準かもしれませんね。

また、毎年12月は株価は騰がる傾向にあります。

しかしながら、なにか今年はこれから日経平均が上がるという確信が持てないもやもやがあります。

アメリカはパウエルが続投となりましたし、消費者物価指数も10月さらに上がっていますから、利上げは前倒しで大きくなる可能性が出てきました。

日本では、岸田首相が、株式の利益への税率引き上げに熱意を持っていますね。

欧州では、コロナがまたまた拡大しています。

中国では恒大の破綻危機が続いていますし、米中の関係悪化や、欧米の北京オリンピックボイコットの気運も出てきています。

いつもの年末と違い、今年は、株式に関しては様子見にしていこうと思っています。

仮に12月が上がっても年明けから下がる可能性がありますので、いまは暴落待ちとして、徐々に現金化していくつもりです。

もやもやするときは、株式市場全体が一度がんと暴落しないと、なかなか安心して投資できません。

今度、株式市場の暴落があったときは、アサカ理研は積極的に買いたい銘柄です。

                 (2021年11月23日18時48分)